Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

兄弟仲良く


今日兄から荷物が届いた。動物関係の書籍31冊。

2015-01-0420180130_02.jpg

実はコンラッドローレンツの「ソロモンの指輪」は40年以上前に私が兄に上げた本なのだ。兄は本好きでかなりの本を持っているので、収まりきらなくなって来たとのことだ。なんと送って頂いた本のうち14冊は私も持っている本であった。

しかし兄弟と云うのは、ここまで趣向が似てくるものなのだろうか。勿論今回は私の好みそうな本を選りすぐって送ってくれたということもある。 

殆どの本は絶版になっており、今ではなかなか手に入らない。 

2015-01-0420180130_01_01.jpg

私は7人兄弟の末っ子で、甘やかされて育ったせいで、全くダメな男になってしまったが、兄弟姉妹皆仲が良い。
兄弟の仲が良いのには訳がある。それは親が財産と云うものを全くと言って良いほど遺さなかった為だ。

これって意外と大事なことだと思う。下手に財産など残すと、弁護士を入れて分配した後は、ハイさよならという事になってしまう。

この教訓があるので、私も財産は残さないことに決めている。尤も残すような財産もないのだが(笑)。

2015-01-0420180130_01_02.jpg

左が戻ってきた「ソロモンの指輪」だが、右が我が家にある「ソロモンの指輪」だ。御覧の通りもうぼろぼろ。何十回読んだだろうか。
とりわけ自戒を込めて心に刻んでいる一節があるので紹介してみる。

8章 何を飼ったらいいか!  の次の一節

きみが買ってはならない動物は、二つの大きなグループにわけられる。一つは君と一緒ではやっていけない動物たち、もう一つは、その動物と一緒ではきみがやってゆけない動物たちである。


当ブログを訪問頂いているような方は、とうの昔に「ソロモンの指輪」はお読みになっているかと思うが、若しまだの方がいらっしゃれば、是非ご一読頂きたい。

私は若い時に、長く生きさせることは出来ないのが分かっているのに、沢山の生き物を飼ってきた。実に罪深いことをしてきたと反省している。

そして私がその生き物とはやっていけない動物も沢山飼ってきた。例えばキツネやオオコウモリ、リスザル等。これらの動物は相当の覚悟と、家族の同意なしではとても飼いきれない。

その反省に立ってここ数十年は無理をしなくても飼える生き物だけ飼っているつもりだ。でも、家族はそう思っていないところが弱い処だ(笑)。


スポンサーサイト

鳥友さんとの新年会


昨日は鳥友さんの有志で新年会をした。

20180122192753.jpg

12時から始まって3時間呑み放題。更にカラオケで3時間。最後はテキーラまで飲んでしまって大いに盛り上がった。

皆さん鳥好きばかりなので、もう大盛り上がり。おまけに皆さんお酒が強くて楽しい限りです。
お一人だけ全くアルコール駄目な方がいらっしゃるが、まるでご自身も飲んでるようにお付き合い頂ける。ほんとに頭が下がります。私には真似できませんよ。

カラオケは30年ぶりくらいなので、もちろん持ち歌は昔の歌ですよ。私は「神田川」とか「青春時代」とか」50年近く前の歌しか歌えませんが、皆さん最近の歌をよくご存じで、ご自慢の喉をご披露頂いた。40歳ほど若返ったので20代に戻りましたよ。

20180122205027.jpg

2如何ですか。どこから見ても、頭さえ隠せば立派な20代(笑)。

20180101_151432_HDR.jpg

そして昼はこうしてインコと遊ぶ。また楽しからずや。

20180122_193229_HDR.jpg

ところで今日は、広範囲に大雪が降って大変だ。中には今日は泊りがけで明日の仕事に備えられた方も多いと思う。
私は、明日の朝に備えて、バードレストランに蜜柑を先程おいてきた。

明日は雪の積もり具合では、庭にも餌をまいてあげようと思う。

それと大事なことは、明日は道路の雪かき。日頃から鳥の鳴き声を我慢して頂いている、ご近所さんの家の前も雪かきだ。これ大事な事だ。


ボブとジャスミンのお墓参りに行ってきた


昨日はボブとジャスミンのお墓参りに行ってきた。

20180116_094753_HDR.jpg

ボブもジャスミンも今頃は天国で仲良くじゃれあっていると思う。

2015-01-0420180116_24.jpg

ついでに自然公園で野鳥撮影。アオサギはすっかり人馴れして、近距離で撮れる。

村正の 如く冴ゆるや 鷺の嘴

2015-01-0420180116_03.jpg

結構美しい鳥だ。

2015-01-0420180116_02.jpg

チュウサギは冬は嘴が黄色になる。コサギと似ているが大きさが全然違う。

2015-01-0420180116_26.jpg

ハクセキレイの若鳥。

20180116_093150_HDR.jpg

バラ園にも寄ってみた。季節柄ほとんど咲いていないが、この種だけは綺麗に咲いていた。朝早かったのでまだ霜が溶けに残っていた。

バラに霜 湖水に鷺は 佇むめり

20180116_100523_HDR.jpg

ついでに動物園にも。なんせ私の場合はいつ行っても無料。

2015-01-0420180116_08.jpg

フラミンゴも美しいが、一度飛ぶところを見てみたいものだ。

2015-01-0420180116_13.jpg

エミューの精悍な顔もなかなかのものだ。

2015-01-0420180116_05.jpg

ショウジョウトキは動物園でも容易に繁殖する。

2015-01-0420180116_21.jpg

レッサーパンダは木の上で日向ぼっこ。木に登っているところは初めてみた。。

2015-01-0420180116_22.jpg

カピパラの表情は実に良い。私もこうして穏やかな顔で一年中過ごしたいものだ。

2015-01-0420180116_20.jpg

ヤマアラシもちゃんと日向ぼっこ。

2015-01-0420180116_09.jpg

キンクロハジロの♂。

2015-01-0420180116_10.jpg

キンクロハジロのメスは、ちょっと冬を越せそうもない様子だ。

昨日も5kmほど歩いた。足腰を鍛えて80歳まで釣りに行こうと思う。



雨の中囲碁大会に行ってきた


今日は地元の市の囲碁大会に行ってきました。

20171022_145717_HDR.jpg

もうこの歳になると、なかなか腕は上がらないが、もう少し強くなりたい気持ちは、まだ失せてはいない。

囲碁の良さは何はともあれ、高年齢になっても十分に楽しめる事にある。それにお金がかからないというのも素晴らしい事だ。年金生活者には実にありがたい。更に、相手がいないと打てないという事は、人との会話も楽しむ事が出来る。

尤も、ここ10年以上はインターネットでの対局が専らであった。昨年定年退職をして、近所の公民館に囲碁を打ちに行くようになった。
その関係で、こうして市の大会にも参加できるようになった。週に4日は打てるので、新しい仲間が出来て楽しんでいる。

20171022_093752_HDR.jpg

皆さん年は老いても、まだまだ意気盛んで碁を楽しんでいる。少しでも強くなりたい気持ちはどなたも旺盛だ。麻雀は賭けないと全くつまらないが、囲碁で金銭を賭ける方はほとんどいない。囲碁は偶然性の入り込む余地が全くないので、賭けにならない。

20171022_150200_HDR.jpg

昨年は三位だったが、今年は何とか決勝まで進んで準優勝となった。中身は商品券2枚。いくらのかはご想像にお任せする(笑)。

o0480036014045748385.jpg

この画像は、10月10日にjヒラメを釣りに行った時の画像だが、当日のブログはハタしか撮ってなかったので、船宿さんのブログから取り入れてみた。画像で観ると大きく見えるが、実際はそれほどでもない。

と云う訳で、10月30日にまた行ってこようと思う。

先日はかなり暑く、合羽を脱いでの釣りとなったが、次回はそうはいかないだろう。釣れても釣れなくても、またご報告させて頂く。

コレデイイノダ!


恥ずかしながら句会かな(笑)


今日は第二土曜日で句会があった。

20171014_120032_HDR.jpg

その前に公民館の展示会に出ている俳句コーナを訪問。

恥ずかしながら我が愚作も展示されていた。俳句を始めて丁度1年。腕前は遅々として上がらずだ。しかしながら、それでよいと思う。
60半ばを過ぎての手習いだ。歳をいってから習い事を始める秘訣は、「子供になる事」と私は思う。それこそ何十年も俳句を詠んでいる方と同様に良い句など詠めるわけはない。そこで恥ずかしがっていては、お仲間に加えて頂けない。子供に帰れば恥ずかしい事など何もない。

しかしながら、字も全くお粗末。これでは書道も習わなければならんか。

20171014_120056_HDR.jpg

これは昨年10月に佐渡を訪れた時に詠んだ句だ。まさに俳句を始めたばかりの作だが、気に入っている。佐渡の野外能舞台を訪れた時、人ひとりいない森閑とした空間に、突然ジェージエーというカケスの鳴き声が聞こえてきた。
自然と口をついて出た句がこれだ。句の良し悪しとは無関係に好きだ。

ところで、短冊に句を書くのはもちろん初めてなので、今日展示されているのを見てビックリ。なんと短冊の裏に書いてしまっていたのだ。まあ、許して頂こう(笑)。

2015-01-0420171014_01.jpg

今日の句会の会場は万葉植物園。小さな植物園なのだが、いろんな植物が植えてあって風情がある。市川市は、このように自然が残されていて好きな街だ。

2015-01-0420171014_03.jpg

シュウメイギクも清楚に咲いていた。

2015-01-0420171014_04.jpg

これも好きな花だが、名前を忘れてしまった。ゴウジャスなバラも良いが、このような野草も実に味わい深い物がある。

2015-01-0420171014_08.jpg

ニシキギもちょっぴり色ずき始めていた。
つくばいに静かに水が落ちているのもまた良し。

2015-01-0420171014_10.jpg

これは多分ムラサキシキブだと思うが、間違っていたらごめんなさい。

渡されし紫式部淋しき実   星野立子

2015-01-0420171014_13.jpg

ホタルソウも茅の根元でひっそりと咲いていた。

2015-01-0420171014_01_01.jpg

会場の玄関に干されていた粟穂。鳥たちが好きなんだが、まさか頂いてくることはできなかった(笑)。
来年は庭に粟を撒いてみようと思う。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク