Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

持つべきものは鳥友さん


昨日鳥友さんから素敵なプレゼントを頂いた。持つべきものは鳥友さんですね。

2015-01-0420180627_07_01.jpg

画像をご覧頂けば、一目瞭然だが、何とキャップにあいちゃんの写実画が描いてある。

しかし世の中には、いろんな特技があって、こんな素晴らしいアートを作られる方がいらっしゃるんですね。この鳥友さんからは、先日シロハラインコのパスケースも頂いたが、もったいなくて、まだ数回しか使用していない。このキャップもここ一番でしか被れない。取り合えず、秋のピーチク会小鳥祭りには被ってまいります。

2015-01-0420180627_07.jpg

今日は、お隣の庭に親子連れで、シジュウカラの雛が3羽来ていた。まだ嘴が黄色で、盛んに親に餌をねだっていた。この時期だと二番子と思われる。
兎に角四十雀は子だくさんで、7羽8羽の雛は普通だが、3羽しか連れていなかった処を観に行かれたると、すでに天敵のカラスにやられてしまったのかもしれない。、

2015-01-0420180627_06_01.jpg

可愛いですね。子供のころに、雛を捕まえて飼ったことがあるが、割と慣れにくい鳥だ。方やヤマガラは実に馴れ易い鳥で、上手くすると放し飼いが出来る位だ。昔からおみくじ引きの芸は有名だ。しかし、こんな事を書いてもお分かりになる方は少なくなっていると思われる。
悲しいかな現在は、野鳥の飼育は禁止されており、おみくじ引きのような、伝統芸も観られなくなってしまった。

2015-01-0420180627_01.jpg

明日もまた来てくれることを願って乾杯!   何、いつでも乾杯してるんだが(笑)。

スポンサーサイト

明日は父の日


皆さん明日は父の日だと知ってましたか。
父の日は母の日に比べると、ずいぶんと日陰者の様ですが、私はもうプレゼントをすでに頂きましたよ。
                       2015-01-0420180614_04.jpg

ハイ!
シルバーベンガルの猫ちゃん。名はまだない。

2015-01-0420180616_08.jpg

今日はプワールドカップサッカーを熱心に観戦してますよ。

ここで父の日の俳句をいくつかご披露しましょう。

父の日の 過ぎたることを たれも言わず  大山  安太郎
忘られて ゐて父の日の 冷奴        吉田  未灰
父の日の 日記空白 埋められず       斎藤  成俊


淋しい俳句多いですね(笑)。

私は30歳の息子に、父の日のご馳走を先取りしてもらいましたよ。30代のイケメンが30歳の次男がいるのも変ですが、そこはそれ、大目に見てくだされ。
ハイ、寿司屋で腹いっぱいご馳走してもらいました。ナニ、寿司屋と云っても回るやつですが(笑)。

2015-01-0420180614_03.jpg

そう言えば、あいちゃんも三年前に父の日のプレゼントでしたよ。
コレ、「自分で自分を褒めてあげたい!」というやつです。

2015-01-0420180616_01.jpg

今年の父の日は、さらにこんなものまでプレゼントしてしまいました。

2015-01-0420180616_02.jpg

ヒナは日に日に育つので毎日楽しみです。

こんなに好きなことをさせてくれる女房殿に乾杯!
コレデイイノダ!


ピーチク会小鳥祭りのご案内


東京ピーチク会【春の小鳥祭り】のご案内です。

20180508092037.jpg

今年も昨年と同じ江東文化センターでの開催となります。会員でない方の出品も大歓迎ですので、愛鳥を連れて是非お越しください。会員一同お待ちしてます。

御出で頂きましたら、是非お声をおかけください。例によって、30代のイケメンを探して頂ければ直ぐに判りますヨ(笑)。

20180508_080323_HDR.jpg

シロハラインコの三号ちゃんを今朝巣上げしました。一号、二号と比べるとこんなに大きさが違います。でもご安心ください。挿し餌を始めると、直ぐに大きくなります。

温度は34度、湿度は60%程度での管理がベストとの事です。これもベテランの鳥友さんに教えて頂きました。感謝。感謝です。

20180507_144341_HDR.jpg

この子は昨年我が家で生まれた、サザエちゃんですが、無事元気に育ってベタ慣れです。
シロハラインコはコミカルな動きで元気いっぱい活動し、飼い主を楽しませてくれますが、決して静かな鳥ではありませんので、ある程度遊べる時間がとれる方に向いていると思います。

20180507_144353_HDR.jpg

左の子は、昨年9月生まれでの子で、鳥友さんからお迎えマスオした君です。上手く行けば、来年二世誕生と行くかもしれませんが、果たして如何でしょうか。

20180508_094954_HDR.jpg

成長記録を取ってますので、後日成長記録をまとめてみたいと思います。



遅ればせながら東京ピーチク会新年会


今日は銀座七丁目で遅まきながら東京ピーチク会の新年会を行いました。
今年は会報では新年会のアナウンスがなかった為、ごく内輪の総勢六名と寂しい新年会となってしまいましたが、何とか50年の歴史を誇るピーチク会の新年会の灯を絶やさずに済みました。

20180226194442.jpg

撮影者が写っておりませんで、申し訳ありません。カメラはYoshikoさんです。

20180226_122720_HDR.jpg

フカヒレスープですが、かなり上品な量です。帰宅して家内に行ったら銀座流でしょうとのことです。味は一流でした。

20180226_123304_HDR.jpg

北京ダックもなんとも上品な量でした。

20180226_111729_HDR.jpg

歌舞伎座のすぐ近くでした。

20180226_112535_HDR.jpg

熊谷稲荷も近くにありました。

20180226_112245_HDR.jpg

銀座は古くて新しい街ですね。

2015-01-0420180226_07.jpg

佐藤インコさんに鳥のキャリーバックを作って頂きました。
残念ながら、帰宅して家内に見せたら、「素敵なバックだから鳥の運搬にはもったいなさすぎる」と云って取り上げられてしまいました(笑)。

2015-01-0420180226_05.jpg

この保温バックの中に、水槽で作って頂いたキャリーケースを入れられます。


2015-01-0420180226_08.jpg

シロハラインコのマスオ君用にフライトスーツも三着作って頂きました。

2015-01-0420180226_04.jpg

早速ペアルックで遊ばせました。5月のピーチク会にはお揃いでデビュー致します。

5月になりましたら別途ご案内させて頂きます。ご来場お待ち致しております。鳥好き仲間同士熱く語りましょう。



兄弟仲良く


今日兄から荷物が届いた。動物関係の書籍31冊。

2015-01-0420180130_02.jpg

実はコンラッドローレンツの「ソロモンの指輪」は40年以上前に私が兄に上げた本なのだ。兄は本好きでかなりの本を持っているので、収まりきらなくなって来たとのことだ。なんと送って頂いた本のうち14冊は私も持っている本であった。

しかし兄弟と云うのは、ここまで趣向が似てくるものなのだろうか。勿論今回は私の好みそうな本を選りすぐって送ってくれたということもある。 

殆どの本は絶版になっており、今ではなかなか手に入らない。 

2015-01-0420180130_01_01.jpg

私は7人兄弟の末っ子で、甘やかされて育ったせいで、全くダメな男になってしまったが、兄弟姉妹皆仲が良い。
兄弟の仲が良いのには訳がある。それは親が財産と云うものを全くと言って良いほど遺さなかった為だ。

これって意外と大事なことだと思う。下手に財産など残すと、弁護士を入れて分配した後は、ハイさよならという事になってしまう。

この教訓があるので、私も財産は残さないことに決めている。尤も残すような財産もないのだが(笑)。

2015-01-0420180130_01_02.jpg

左が戻ってきた「ソロモンの指輪」だが、右が我が家にある「ソロモンの指輪」だ。御覧の通りもうぼろぼろ。何十回読んだだろうか。
とりわけ自戒を込めて心に刻んでいる一節があるので紹介してみる。

8章 何を飼ったらいいか!  の次の一節

きみが買ってはならない動物は、二つの大きなグループにわけられる。一つは君と一緒ではやっていけない動物たち、もう一つは、その動物と一緒ではきみがやってゆけない動物たちである。


当ブログを訪問頂いているような方は、とうの昔に「ソロモンの指輪」はお読みになっているかと思うが、若しまだの方がいらっしゃれば、是非ご一読頂きたい。

私は若い時に、長く生きさせることは出来ないのが分かっているのに、沢山の生き物を飼ってきた。実に罪深いことをしてきたと反省している。

そして私がその生き物とはやっていけない動物も沢山飼ってきた。例えばキツネやオオコウモリ、リスザル等。これらの動物は相当の覚悟と、家族の同意なしではとても飼いきれない。

その反省に立ってここ数十年は無理をしなくても飼える生き物だけ飼っているつもりだ。でも、家族はそう思っていないところが弱い処だ(笑)。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク