Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

メダカも動き出した

 border=

ここのところ寒暖の差はかなり激しいが、確実に春に向かっている。
東京のサクラ開花予想は21日だそうだから、24日の日曜日にはお花見が出来るかもしれない。例年よりかなり早い気がする。
そんな暖かさに、メダカは一斉に冬眠から覚めた様だ。幹之メダカが、昨年は相当数孵化したと思うのだが、特別な保護策を取っていない為、大分親に食べられてしまったようだ。それでも画像の如く泳ぎ出してきた。明日からは餌をあげようかと思う。


 border=

アキクサインコはここまで成長した。
今朝の画像である。今回は同伴出勤はせず、全面的に親に任せた。あと一週間ほどで巣立ちだろうか。
このヒナは色合いが良くルビノーらしいルビノ―だ。アキクサはおっとりしているので、この大きさになっても手に乗せて撮影できる。これがボタンインコであれば、100%不可能だ。手から飛び降りて、暗い処を目指してまっしぐらだ。インコもそれぞれ特性があり、そこがまた面白い処だ。
ここのところ残業続きで、かなりゲンナリしている。土日でリフレッシュしないと、何の為に生きているのはか判らない。
シジュウカラ用の巣箱を作ってあげたいのだが、どうだろうか。/span>

スポンサーサイト

今日のメダカ


最近はメダカの姿を見ていなかった。
今日は朝から快晴で、風は少し冷たかったものの、温かい1日となった。その為か久しぶりにメダカの顔を見て餌をあげる事が出来た。ここのところ、朝、出勤前は餌をあげても顔は見せず、多分水温が上がって来てから食べに来ていたのだと思う。今日は目の前で餌を食べてくれた。

既にホテイアオイは枯れ始めており、睡蓮も黄色く葉が変色し始めている。刻一刻と目の前に冬は迫って来ている。私は誕生日が12月なので、間もなくまた一つ年をとる。

残された時間を少しでも有意義に過ごしたいと思っている。有意義とは何か。必ずしも、何か生産性を上げる行動をとる事ばかりではないと思うが、如何なものだろうか。メダカが餌を食べる処にのんびりと付き合う事も今の私には有意義な時間だとおもっている。

高度成長時代に青春時代を過ごし、バブル崩壊後も何とか企業人としてやってこれた。今までこれだけ自分の趣味に没頭し、好き勝手に生きてこれたのも、すべて女房のおかげだと思っている。
オットこれは少し褒めすぎか。自分の努力も2割くらいはあるか(笑い)。

メダカも甲羅干しを始めた


今日も暑い1日になりそうだ。10時前たが太陽はギンぎらギンだ。その暑さのせいか、我が家の楊貴妃メダカが何と甲羅干しを始めてしまった。そんな事はないか(笑い)。
今朝餌をあげようとしたら、睡蓮の葉の上に乗り上げたまま、動けなくなっていた。すぐ戻してあげたので元気に泳いでおり、命に別状はなかった。
それにしても暑い。3連休でも、どこか出掛けようと云う意欲がわかない。出掛けなければ、お金も使わない。日本経済も停滞する。私の使うお金はたかが知れているが、皆さんどんどん使って頂きたい。日本経済活性化のために

メダカも色づいて来た

ももちゃん6gatu14 010
春先に孵化した幹之メダカは、だいぶ色が出て来た。
結構親の遺伝子を受け継いでいる。青幹之は親が点光であったが、その仔の中には画像のように、まあまあ光っているものもいる。この画像は屋外の睡蓮鉢の物だ。どうしても自然のままに任せておくと、先に孵ったメダカは後から孵ったメダカの犠牲の上に大きくなって行くようだ。
しかし、目の前でパクリとやられると、心が痛む。見なければ良いのだが。

ホテイアオイの花は結構きれいだ。

ももちゃん6gatu14 002
ホテイアオイの花が咲いた。睡蓮にも劣らないほどにきれいだ。ただ増えすぎるのが欠点か。鉢の中では幹之メダカが元気に泳いでいる。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク