Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

あいちゃんと藤の花を観に行ってきた


今日は「子供の日」。
この歳なったら子供の日には子供に返ろう。

2015-01-0420170505_08.jpg

自宅から徒歩6分ほどの処に、この時期見事な花を付ける藤棚がある。お寺の境内にあるが、毎年藤祭りが開催されて賑わう。

2015-01-0420170505_09.jpg

あいちゃんを連れてベンチに止まらせたら、急遽インコの撮影会になってしまった。何人かの方には、あいちゃんの隣に座った姿を、その方のカメラで撮影してあげた。

2015-01-0420170505_06.jpg

実際に藤の花は花盛りで実に見事であった。長いものは1メートル近くにもなる。
次の歌を高校の現国で習った方も多いと思う。

瓶にさす 藤の花ぶさ みじかければ たたみの上に とどかざりけり  正岡 子規

この藤ならば畳に届いてしまいそうだ。当時子規は脊椎カリエスを患い、ほぼ寝たきりの状態であり、庭の藤を妹の律が切ってきて瓶にさしたのを詠んだという事だ。

昨日の夕飯のおかずが何だったか忘れる様になってしまったが、子供のころ覚えた物は、結構忘れないものだ。

 2015-01-0420170505_13.jpg

タコ焼き、お面、綿飴とお決まりの露店はお祭りには欠かせない。

20170505_114832.jpg

タコは小さかったが、アツアツで美味しかった。懐かしい味だ。例によって食べ始めてから「オット、写真を撮らなければ」と云ってパシャリ(笑)。

2015-01-0420170505_17.jpg

お寺さんだけあって、池には黄金の鯉。娘が子供の時、本堂の落慶法要があり、何か祝辞の様なものを読んだ。その娘も今は独立して、2日ほど泊まりに来たが、今日は世田谷に返ってしまった。まだ休みが2日もあるのにだ。何ともまあ、寂しいもんだ。

2015-01-0420170505_04.jpg

自宅の薔薇が咲き始めた。ラベンダー色のフェルゼン伯爵。この後切り花にして飾ったが良い香りだ。

2015-01-0420170505_21.jpg

先日購入したチャールストンは、咲き始めが黄色で、段々赤に変わる。

2015-01-0420170505_22.jpg

西洋石楠花は随分と花もちが良い。まだ咲き乱れている。

2015-01-0420170505_20.jpg

前回紹介した玄関先のコデマリを一眼で撮ったら、まあ、少しは観られる画像となった。

さて8日の日曜日はピーチク会の展覧会だ。
沢山の鳥友さんにお会いできると思うと、今から楽しみだ。あいちゃん同行で参加しようと思う。

追伸:ピーチク会は8日ではなく7日です。もうボケが始まったか


<
/span>
スポンサーサイト

コンゴウインコのあいちゃん、落花生が好き


コンゴウインコのあいちゃんは、落花生が大好き。

2015-01-0420170405_01.jpg

今までは、食用の無塩落花生をあげていたが、高価なうえ、殆んど私が食べてしまうので、今回は飼料屋さんから購入してみた。1kg600円とかなり格安だ。

やはりインコにはペレットだけではなく、生命のある食べ物を与えたいと私は思っている。現状はペレット5割以下で、むしろ栄養補助食品の様に使っている。

いい歳のおっちゃんが、昼日中よりこんな事をしていて良いのかとも思うが、コレデイイノダ!と思いたい。



シロハラインコには大粒ヒマワリ。もう判っていて、私が、ヒマワリを持つとすり寄ってくる。先日交尾を確認したが、まだ産卵はしていないようだ。



お預かりしているウロコのパイナップルは、此処まで大きくなった。がっついて挿し餌もままならない程だ(笑)。



如何ですか。このガッツキ様。

IMG_20170402_183136[1]

先日里親さんから届いたあきくさいんこの画像。皆さんにこうして可愛がって頂いて、つくづく果報者だと思う。

感謝、感謝だ。


ブログ復活いたします


脚の状態が少し良くなってきましたので、ブログ再開いたします。
沢山の励ましのコメントや、拍手を頂きまして有難うございました。

2015-01-0420170223_04.jpg

まずは胡桃を食べているあいちゃん。
そうです。小屋裏部屋に何とか登れるようになりました。

動画でもどうぞご覧ください。ちゃんとオニグルミを割って食べます。



如何ですか、なかなか器用に舌を使うでしょう。

2015-01-0420170223_01.jpg

オニグルミはネットオークションで魚沼産の物を5kg購入しました。

昨年鳥の会の方から頂いたオニグルミよりも、固く味も今一のようです。以前は綺麗に食べ尽くしましたが、今回の物は少し残してポイ捨てします。割るのにも結構時間がかかります。

お米は魚沼産コシヒカリが最高級ですが、胡桃はそうでもないようですね。

20170222_160218.jpg

病院でリハビリを開始してます。
昨日の判定で、片松葉杖で良くなりました。あと1月もすればエンジン全開になると思います。

1487073317048.jpg

小屋裏部屋には痛めた脚に荷重がかからないよう、細心の注意で一歩一歩登ってます。

20170223_093146.jpg

今日ピロリ菌が除去されているのが判りました。

5年ほど前に、近くの総合病院で2度除去を試みましたが、結果は陽性との事でした。諦めていたのですが、最近になって自由診療でまったく別の薬で除去できる可能性がある事が判りました。

ネットで検索した病院に費用を確認すると4万円程との為、それならばあいちゃんの為にも、やらなきゃ損損という事で受診。専門医に相談するとスケジュールを教えてもらえたのですが、除去出来たかどうかの判定は、投薬終了後2ケ月後になるとの事でした。

そこで思い当たったのですが、前回は投薬後3週間後くらいで判定を受けたのを思い出しました。それを医師に話したところ、それではもう一度検査してからの決断でも良いのでは、といわれて再検査したと云う訳です。

そして検査後しばらく間があって、本日その結果を聞きに行ったところ、なんと陰性でした。
危うく余分な費用を支払って、身体にダメージのある薬を無駄に飲んでしまうう処でした。危ない危ない。セカンドオピニオンは大事ですね。

専門医は、内視鏡の画像を見ただけで、ピロリ菌がいるかどうかわかるそうです。その病院では毎年人間ドックで胃の内視鏡検査を受けていたのですが(笑)。

昨年末の大腸の内視鏡では、ポリープが一個もなく、ほぼ大腸がんになる可能性は、ないとの事でしたが、胃がんについても、発症の可能性が大幅に減ったことが確認できました。しかし途中迄ピロリ菌を飼っていた人は、全く胃がんにならないという事ではなく、確率を大幅に減らせるだけのようです。因みにピロリ菌に感染した事が無い人は胃がんになる確率はゼロだそうです。

あいちゃんの為にも100歳越えまで頑張りますよ。


陽射しは春だが


此処に来て陽射しが明るくなってきた。
間もなく春の予感はするが、実際の気温はまだまだ真冬だ。明日は暖かい千葉県も最高気温5度の予報だ。

2015-01-0420170208_02k.jpg

そんな中でも、あいちゃんは散水栓でジャブジャブ水浴び。その後の日光浴で、画像の様に直ぐきれいに乾いてしまう。殆んどのインコは日光浴が大好きだ。

不覚にも飼い主がインフルエンザでダウンしたにも拘らず、全く持って元気溌剌オロナミンCだ。そういえばこの頃、オロナミンCの宣伝を見ないが、売られてはいるんだろうな。

2015-01-0420170208_01.jpg

ヒムネキキョウインコの雛はあっという間にここまで大きくなった。カラーはまだ判らないが、目は開いた。もう親は常時巣箱から出てしまっているが、3羽いるので、互いに温め合って問題ない。

一般的にヒムネキキョウインコは寒さに弱いインコと云われているが、馴らし方なのか、血統の違いなのか、我が家のヒムネは、画像の通り、真冬の子育てをしてしまう。

20170204_122335.jpg

本日、囲碁の帰りに見た枝垂れ梅。見事に咲いていた。
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、寒いのもあと1月半の辛抱だろう。

しかし正岡子規が詠んだ次の句がある。お母さんがつぶやいた言葉をそのまま俳句に仕立てたという話だ。

毎年よ 彼岸の入りが 寒いのは 

いずれにしてもあと僅かですよ。皆さん緊張感をもって生活し風邪を受け付けないよう頑張ってください。私は最近緊張感に欠ける生活を続けていた為、2度目の風邪をひいてしまった。しかもインフル。

おのれ自身に喝!



今日は氷雨


今日は寒い一日で、昼過ぎから氷雨が降り続いている。

2015-01-0420170120_03l.jpg

こんな日はいくら私でも水浴びはさせない。こうして日中から屋内で遊ぶ。しかし、この様な日でも、ウロコインコやシロハラインコは、水浴び用の器を入れてあげると、サット水に飛び込んでパヤパシャとやる。フィンチの日の丸鳥も水浴びが大好きだ。

鳥というものは元来そのようなものなのだろう。かといって温めてあげられるならそれはそれで鳥にとっては快適には違いないが。

実は先日の日曜日に鳥友さん6人と新年会をした。以前フライトスーツをお作り頂いている、佐藤インコさんにあいちゃんのフライトスーツの手直しを頼んでいた。当日そのスーツをお持ちいただいた。手直しと云うのは、新しく作るよりずっと面倒だとは思うが、ほんとに申し訳ない。

おかげさまで、こうしてお洒落な姿をお披露目できる。感謝感謝だ。

20170115_124206_HDR.jpg

その時画像だが、何時もの通り、刺身などほとんど食べてしまってから、「写真写真」という始末で、飛んだお笑い物だ。

20170119_192925.jpg

昨日近所の駅で観た猫が是。改札を人がぞろぞろ出て来るのにも臆せず、堂々とした態度だ。多分、毎日改札を出てくる何方かが、餌を与えているのだろう。まさか忠犬ハチ公ならぬ、忠猫ドラ公でもないだろうう。それにしても栄養状態が良く、丸々太っており、毛艶も良い。

尤もハチ公も駅前でいろんな方から焼き鳥などを貰って食べていたようだ。「君に忠」という政治的思惑から、飼い主を毎日迎えに来る秋田犬として美談に仕立てられたのは知られた話だ。

しかし、考えてみれば少なくとも、犬にとっては良き時代だったのだろう。渋谷駅前に秋田犬が約10年間毎日朝晩通えたなんて。
今なら直ぐ誰かが通報し、保健所行か、飼い主に厳重注意の上繋留命令が出てしまう。

20170119_201311.jpg

それに引きかえ、今年の春22歳になる愛猫ジャスミンちゃんは、画像の通り痩せて毛艶もなくなっている。以前は「銀のスプーン」を喜んで食べていたが、もう固形飼料は食べられず、柔らかい缶詰専門だ。

すっかりボケてしまったのか、食べてもすぐニャーニャー鳴いて餌を欲しがる。しかし、餌をあげるとちょっと食べてお終い。時間がたつともう臭いがしなくなるのか、見向きもしなくなってしまう。まあ、とにかく少しでも長生きしてくれればと思う。

20170116_143107.jpg

前回、16日に大相撲初場所を観戦に入った記事を書いた。
実は当日私は大変恥ずかしい事をしてしまった。

何と財布を忘れて行ったのだ。12時過ぎの待ち合わせだったので、午前中年金の受け取り手続きをしに行った。1時間も待たされて、やっと順番が回って来て、身分証の提示を求められた。ない、財布がバックに入っていなかったのである。
当然のことながら受け取りの手続きをする為には、本人確認の為顔写真のある、免許証やパスポートが求められる。
したがってすべて時間の無駄。

さあ、どうしよう、一旦家に帰っても十両からの観戦には十分間に合うが、約束の時間には到底間に合わない。イエッ!ままよ。と財布を持たないで出かけて行った。事前に家内から「相撲観戦にはいろいろとお金がかかるから恥をかかないよう沢山持って行きなさい。そしてお土産も買って来なさい」と云われていたにも拘わらずだ。

しょうがない、訳を話して鳥友さんにお金を借りてお土産を買って帰った次第である(笑)。まあ、チケットを忘れなかっただけ偉いと鳥友さんには変に慰められた(笑)。鳥友さんのご主人というのは、なんと私の前職の会社勤務の方であった。そして正真正銘のイケメンであった。自称30代のイケメンとは大きな違いだ。

この画像は内閣総理大臣杯で、総理大臣か、代理の議員が優勝者に渡す。

相撲好きで知られる作家の内館牧子さんが面白いエッセーを書いているので紹介してみる。
ちょっと長いので、興味のある方だけお読みいただきたい。そしてもし感想があればぜひお聞かせいただきたい。私個人としては、尤もだと思うのだが。

私が何より衝撃を受けたのは2005年7月の大相撲名古屋場所のことである。千秋楽の表彰式で、優勝力士に内閣総理大臣杯を渡すため、官房副長官が土俵に上がった。土俵というのは、塩をまく「聖域」である。何と副長官はクールビズで平然とその「聖域」にお上がりあそばされたのである。これは「ドレスコード」という意味では、結婚式にランニングシャッツと短パン、運動靴で列席するに等しい。
大相撲の場合、初日前日に「土俵祭」を挙行し、神迎えの儀式をする。迎えた神は土俵に降り、場所中はずっと宿っているわけである。その為、協会幹部達は土俵に上がる際は必ず紋付袴姿である。力士は裸身という正装であり且つ塩をまく。
塩で清めているような場に、クールビズというビジネスシーンでの省略着で上がってはいけない。断じてならない。いいトシをした、それも国会議員がそれを理解していなかった事実に、私はつくづく情けなかった。

後略

昔、パンナム盃が渡されていた時、小柄なアメリカ人が羽織袴の正装で上がって、面白い日本語で「ヒョウショウジョー」と云って渡していたのを、年配の方なら覚えておられるだろう。しかも、一度は盃の重さでひっくり返ったこともあったが(笑)。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク