Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

芽吹く春


今日はとても暖かく、水浴び日和でした。
そして植物も、薔薇や、クレマチス、蕗の薹などが一斉に芽吹き始めました。

2015-01-0420170225_05.jpg

つるばらもこの通り。5月には真っ赤なバラを咲かせてくれます。

20170225_152533.jpg

新枝咲きのクレマチスも、地中から沢山芽吹いています。冬の内に根元に土をかぶせてあげると、沢山このように芽吹きます。
我が頭部もこのように芽吹いてくれるとありがたいのですが、ちょっと無理なようです(笑)。

2015-01-0420170225_08.jpg

蕗の薹は、一度味噌和えにしましたが、その後は採らずにいたら、もうあっという間に花が咲いてしまいました。

2015-01-0420170225_02.jpg

牡丹もこの通り準備万端です。4月末には毎年開花します。

2015-01-0420170225_10.jpg

西洋シャクナゲの蕾もこんなに大きくなりました。昨年秋に購入した紫の物なので、開花が待ちどうしいです。

2015-01-0420170225_01.jpg

そしてヒムネキキョウの雛もこんなに大きくなっていました。パステルが2羽、ブルーが1羽のようです。

20170225_121652.jpg

あいちゃんはキンカチョウの餌をつまみ食いです。

20170225_121819.jpg

あかちゃんも水浴び後気持ちよさそうです。

生き物が元気なら、飼い主も幸せです。ウロコインコも巣箱からヒナの声が聞こえ始めました。まだ巣箱は覗いてみませんが、ウロコインコは雛が孵るとすぐ鳴き始めますので判ります。

睡蓮の株分けもしなければならないのですが、なんせ脚がまだまだ不自由なので何もできません。
このまま一直線に春に向かってほしいですね。


スポンサーサイト

彼岸花


彼岸花が咲いた。

20160921_154937.jpg

いつも思うのだが、関東地方では丁度お彼岸の時期に合わせて開花する彼岸花。

果たして九州や北海道ではいつ咲くのだろうか。

植物の開花は日照時間や、気温の変化によるものが多いので、やはり北海道ではお彼岸のかなり前、九州では逆にお彼岸よりかなり遅れて咲くのだろうか。
桜前線は南から北へと向かうが、果たして彼岸花はどうだろうか。

北海道や九州の方の目に止まれば、是非教えて頂きたい。

20160921_152853.jpg

みっともない画像で申し訳ないが、スマホで撮った画像なので、ご容赦頂きたい。今日は太極拳の帰りに、何か電線に大きな鳥が止まっているで、近づいてみたら、なんとカワウであった。

幅5mほどの用水路が流れているが、その上の電線に止まっていた。等間隔で止まるのは、多分何らかの意味があるのだろう。

20160921_152940.jpg

1羽胸がまだ白っぽい羽毛の仔がいたが、幼鳥なのだと思う。

それにしても、「コンデジぐらいはいつも持ち歩かないと」とつくづく感じた。



薔薇が咲いた


と~ても我慢が~出来なかったよ~。

2015-01-0420160823_13o.jpg

堪え性がない。
今年購入した新苗のフロリバンダだが、とうとう花を咲かせてしまった。今まで次々に出てくる蕾を摘み取ってきた。8月いっぱいは花を咲かせない様にと指導を受けたのだが。

ここに来て7,8個の蕾を持ったので3個だけ残して摘み取った。この花はなんとラベルの花より私好みの綺麗な花となった。此処で花を咲かせてしまった事が、今後多少の悪影響が出る事も考えられるが、誘惑に負けてしまった。

反省!



みんな頑張っている

2015-01-0420160101_05.jpg

我が家の庭に得体の知れないつる性植物が生えている。
植えた事はないので、野鳥が運んできた物だろう。クレマチスが枯れだした頃から伸びてきて、最初はスイカかなと思っていたら、全然違ってきた。

2015-01-0420160101_06.jpg

最近になってこんな赤い実をつけた。
何方かご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたい。翔ちゃんままさんならご存知だろうか。


2015-01-0420160107_02.jpg

夏から咲いているコスモスだが、まだ1輪頑張って咲いている。今朝の画像だ。
暖冬のせいか知らないが、。何とも健気だ。こんな風景を見ると、寒いと云って、背中を丸めて歩いてなど居られないと思う。


2015-01-0420160107_03.jpg

アブラナ科の花が咲くのは自然の事だろう。南房総では菜の花畑が綺麗に咲いていることと思う。

2015-01-0420160107_06.jpg

水仙もドンピシャの時期だ。小中学生の頃、ご多分に漏れづ、みんなと同じように記念切手を集めていた。当時の花シリーズの1月は水仙だった。今でも結構持っているが、昔のようなブームではないようだ。

2015-01-0420160107_07.jpg

是も夏から咲いているが、まだ頑張っている。名前は知らない。

2015-01-0420160103_02.jpg

ピラカンサは見事に実をつけている。此れも余程餌がなくなると、ヒヨドリやツグミが食べるようになる。多分それ程美味しい物ではないのだろう。

2015-01-0420160103_03.jpg

木蓮はこんなに花芽を膨らませている。今年は開花が早そうだ。何と梅の開花の便りがちらほら聞かれるようになった。

2015-01-0420160101_04.jpg

ボブの散歩途中で見つけた木だが、今後どのように育っていくのか楽しみにしている。

植物も、逞しくなければ生きられないか。私も斯く在りたいものだ。

真っ赤なバラが満開だ

4年前は「たった一つ咲いたバラ~真っ赤なバラ~で」とマイク真木の歌のようなバラであったが・・・・。

2015-01-0420150516_15.jpg

なんとまあ、今年はこんな調子だ。ゆたんさんに教えていただいた通り、アンクルウォルターという種だ。ごらんのとおりこの様に高木になってしまった。

この後切り花にしてご近所に配った。みなさん、「良い香りがするねー」と喜んでいただいた。ご近所との付き合いは、会社の付き合い同様大事だ。人は一人で生きられない。

私の場合家族サービスが今一なのか、家庭では孤立無援、敵艦隊の包囲網が強すぎる。
しかし、3月末に娘が自活した。勤務先の近くに立派なマンションを借りた。勤め始めて1年、家計費を全く入れなかったので、マンションを借りる位のお金は貯まったのだろう。

これで、連合艦隊の力も少しは弱くなるかと思いきや、これがなんと、しょっちゅう帰ってくる。帰ってこない時も女房と朝な夕なに電話で話している。「今日は何食べてんの?」などと云うたわいもない話だ。母と娘の防波堤は強すぎてひ弱な私では、如何ともしがたい。
でも、でも、ご近所の方には、働き者のご主人と思って頂いてるのですよ(笑い)。まあお世辞半分だろうが。

2015-01-0420150518_09.jpg

バラは盛りを過ぎると、直ぐに崩れてしまう。このくらいの時が一番美しいのかもしれない。

しかし、人間はそうではないぞ。20歳、30歳も50歳も70歳も。それぞれに年輪にお応じた味わいがある。やはり自分が幸せだと思って生きていないと、顔が貧相になる。目鼻立ちの問題ではない。

な~んてね。私自身大きなことを言えるような顔もしてないが(笑い)。

2015-01-0420150517_07m.jpg

アキクサインコの雛が巣立った。
いかにもヒナヒナで可愛いでしょう。

2015-01-0420150517_08h.jpg

今回のヒナはことさら体格が良い。
左が♂親で右がヒナだが、体格に全く遜色がない。アキクサインコのオスはなかなか生まれないので、オスになってくれることを願っている。

2015-01-0420150516_01_01d.jpg

キンカチョウは変わったカラーのヒナが生まれた。
左の白が♀、ノーマルが♂のペアの子だが、薄い茶色のヒナが2羽生まれた。

2015-01-0420150516_04.jpg

おまけにこんなヒナも。
真っ白ではなく、背中にグレーというか、銀色の差し毛がある。この子はプレゼント鳥にしないでどんな子になるか、我が家で育ててみたい。

春の小鳥祭りは2週間後に迫ってきた。今から楽しみにしている。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる