Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒメウズラ自育なるか

IMGP2647.jpg


アキクサインコからコンゴウインコまで何でも飼ってみるおじさんが行く

 昨年秋に、ヒメウズラが自ら抱卵し孵化させた事を書いた。今朝見たらまた巣に就いていた。巣と云うと聞こえはいいが、単に床に置いてあった餌餌入れの中だ。ここの処、毎日産卵し昨日で6個の卵があった。たぶん、今朝1個産んで抱卵を始めたようだ。昨年孵ったヒナは2羽だけが育ち、現在禽舎の住人となっている。私が手から、ミールワームを与えて室内で飼っていたので、人を怖がらない。今でも手から餌を摂る。
今回は、孵化はたぶん4月10日頃になると思うので、自育してくれるかどうか楽しみにしている。只、寒さに耐えられそうもなければ、また速やかに捕まえて、私が親の役目をしなければと思う。
スポンサーサイト

姫ウズラの雛が孵ったその4

IMGP2306.jpg


アキクサインコからコンゴウインコまで何でも飼ってみるおじさんが行く


11月22日に孵った姫ウズラがずいぶん大きくなった。もう親指姫の面影はない。成鳥の半分以上の大きさだ。羽もすっかり生え揃い頭部のみ僅かに換羽が残っている。温度も最初のころは35°に設定していたが、現在は22°に設定している。水を飲む為の足場としていた粟穂などは食べ尽くし、いつの間にか茎だけにしてしまった。
毎日見て気付いた事だが、地上で生活するウズラは、当然身の安全を図る為に、孵化してすぐに自力で歩く。そしてまだ体が大きくなる前に産毛が取れて換羽し飛べるようになってしまう。急いで換羽した後でゆっくり親の大きさにまで成長するようだ。一方樹洞の中で育つインコ類は先に体がどんどん大きくなってから羽毛が揃い始める。そして親と全く同じ大きさになってから巣立ちするのだ。実に自然の摂理とは云え合理的だと思う。

手乗りヒメウズラになるか

ヒメウズラ 008
前に紹介したヒメウズラの雛だが、大分羽が生え揃ってきた。今日現在で13日目の雛だ。大きさは丁度親指くらいだ。黄色い雛はホワイトになった。斑は♀と同じシナモン、黒は♂と同じブルーかと思う。何せまさかと思った抱卵だったのでとても感動している。今日初めてミールワームをあげてみたが、本能のなせる技なのか、すぐ跳んできて突つき始めた。この調子で行くと手乗りヒメウズラも夢ではないと思う。手乗りヒメウズラになったら禽舎に放しても、入っていくとすぐ近寄って来るような鳥になると思う。そうなると逆に禽舎に放すのが惜しくなってくるかもしれない。

姫ウズラの雛が孵った―その3

ヒメウズラ 004
今日可愛いヒナを撮影した。孵化後5日目の雛だ。まだ親指の大きさ迄にはなっていない。流石に手のひらに載せて、自分でシャッターを切るわけにはいかないので、女房に撮ってもらった。その後珍しく、可愛いと云って掌に載せて暫し遊んだ。いつもこの様なら良いのだが・・・。そして挿し餌などをしてくれるようなら、同伴出勤もしなくていいが、そうもいかないところが難しい処だ。
それはさて置き、インターネットで調べた結果、今までの育て方は間違っていないようだ。考えてみれば、インコの雛の完全栄養食のエグザクトなら、同じ穀物食のヒメウズラにも良いという事なのだろう。もう少し大きくなったら、ミールワームをちぎって手から食べさせると手乗りヒメウズラになるようだ。暖かくなるまで部屋飼いし、春になってから禽舎に放そうと思う。

姫ウズラの雛が孵った

沢蟹、猫2 005
今朝禽舎を覗いてみたら、姫ウズラの卵の殻が1メートルくらい離れたところにあった。どうやら孵化したようだ。まだメスは巣に就いており、雛の姿は見ていない。多分羽根の下に抱いているようだ。どうやら自育してくれそうな気配だ。慌てて家に戻り、インコの挿し餌用のケーテーエグザクトを取って来て入れて置いた。明日は餌を食べてくれているかどうか楽しみだ。幸い明日は休みなので、チックフードを買ってこなければと思う。
それにしても、姫ウズラが羽の下に雛を抱えている様子は、想像してみるだけで楽しい。一体孵化直後の雛の大きさは、どの位なのだろうか。昔、学生の頃路上で姫ウズラの雛として、売っていた仔を飼ったことがある。かなり小さかったので、姫ウズラである事を信じて疑わなかったが、あっという間に普通のウズラになってしまった。それから想像するに相当小さいと思う。同じ頃紹介した日の丸鳥は全て無精卵で孵らなかった。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる