Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

22歳の老猫は年を越せるか

昨日の画像だが、我が家の22歳の猫ジャスミンはもうよぼよぼだ。

2015-01-0420171122_01.jpg

昨日は日当たりの良いリビングに出てきて日光浴。我が家の犬も猫もみんな歳をとった。飼い主とてその例外ではない
ジャスミンちゃんは、果たして年を越せるのかどうかは誰にも測り知れないが、もう十分に生きたので私としては悔いがない。願わくば平成30年を共に迎えたい。

2015-01-0420171123_01.jpg

これも昨日の日経の文化欄の記事だが、国の特別天然記念物「土佐のオナガドリ」が紹介されていた。
オナガドリの尾羽は抜けることがなく一生伸び続けて、最長は13m50cmに到達したそうだ。

2015-01-0420171123_02.jpg

驚いたのは、尾が伸び始めたのは明治期に入ってからとの事だ。明治期には尾の長さがやっと50cmから1mになったという。由って最長で見積っても僅か150年の間に10倍以上の尾を持てるようになったという事だ。

こうして見ると、鳥の品種改良は専門家が手掛けるとかなり飛躍的に進むのだろう。私は鳥が好きでいろいろのインコを飼っているが、ここ数十年で、オカメインコやコザクラインコはいうに及ばず、様々なインコの色変わりが作出されている。中には、どう考えても原種の方が美しいだろうと思われる鳥がいる。

ヒムネキキョウインコのブラックなどは、その最たるものだ。

2015-01-0420171030_03.jpg

如何ですか。この真っ赤な胸が緋胸桔梗鸚哥の特徴なのだが、この鳥を全身真っ黒にしてしまう事に、何の意味があるのか。私には理解できない。

あと何年かすると、シロハラインコのイエローやアルビノなども出てくるのかもしれない。海外では既に作出されているのかもしれないが。

スポンサーサイト

老猫頑張る


今日の画像だが、22歳の老猫は頑張っている。

20171004_220115_HDR.jpg

熱心に顔を洗うジャスミンちゃん。毛艶はすっかりなくなったがまだまだ頑張っている。何とか年を越せそうな雰囲気になってきた。

20170917_152952_HDR.jpg

一方、7か月で元気いっぱいの福ちゃん。先日去勢手術を済ませた。この子もあと20年生きてくれるだろうか。

2015-01-0420170924_02.jpg

今日は涼しくなったので、あいちゃんとお散歩。こんな時はつくづく幸せだと思う。

2015-01-0420171004_04.jpg

今日は十五夜さんという事で、写真を撮ってみた。こうして見るとウサギは餅をついていないな。

名月や故郷遠き影法師  夏目漱石


22歳の老猫は年を越せるか


今年で満22歳の老猫だが、かなり痩せてきている。歩様もよたよただ。もし今年の正月を迎えられたら、お祝いをしなければ。人間の年齢に例えれば、100歳は越えてると思う。

2015-01-0420170919_02.jpg

画像の通り毛艶はもう往年の美しさは微塵もない。
前回紹介した若猫福ちゃんとはえらい違いだ。すべての生物は、生まれて成長し、そして緩やかにピークを過ぎると老いに向かってまっしぐらだ。人とてまた同じ。

シロハラインコの生後4か月のサザエだが、まだ一人餌にはならない、実に甘ったれだ。いや、飼い主が甘すぎるのか(笑)。
静岡のAさんのところに里子に出た子は、もうずいぶん前に一人餌になったとの事だ。

でも、もう一人前に屋外でジャバジャバ水浴びをする。可愛い動画をぜひ見てやって頂きたい。



如何ですか。喜んでシャワーを全身で受け止めている。冬になっても続けるつもりだ。

20170921_092428_HDR.jpg

水浴び後はすぐ乾くようになってきた。日光浴を欠かさないので、羽はピカピカに輝いている。

20170920_123718_HDR.jpg

昨日8月に受けた健康診断の結果が届いた。前日に鳥友さんと飲み放題付きでかなり飲んだので、どの程度影響があるか楽しみにしていたが、結果は全く肝機能に異状なし。尿酸値も6,6で問題なし。365日アルコールは欠かさないが、普通は、350mm2本程度なので、休肝日など必要ないと思う。
ここ数年同じ状態なので、今後も全く問題あるまい。

と勝手に思っている。コレデイイノダ!



猫をかん袋に押し込んで


5月に我が家にやってきた猫の福ちゃんは、袋に入るのが好きだ。別に押し込んだわけでもないのに、さっと自分から新聞ストックの袋に入っていった。

20170917_152056.jpg

犬も鳥もみな可愛いが、猫の可愛さもまた格別だ。特に子猫は可愛いい。ぜひ動画も見てやって頂きたい。



如何ですか、この目にもとまらぬ猫パンチ。この猫は、メーンクーンのくらちゃんとは違って、鳥にちょっかいを出しそうで、一緒の遊ばせられない。

20170918_123330.jpg

今日のサザエは、あいちゃんの指定席でご機嫌だ。

20170918_160544.jpg

オキナインコは、おとなしいので椅子の背もたれの上で1時間でもじっとしている。ほんとに飼いやすい子たちだ。欠点と云えばかなり呼び啼きをするので、少々うるさい。でも、またそこが可愛いので、かごから出してしまう。大甘の飼い主だ(笑)。

後ろの漫画本はご愛敬だ。私は漫画が大好きで、3000冊ほど捨てきれずに持っている。「うしろの百太郎」のカバーを食いちぎったのはウロコインコだ。

本当は、このような画像を撮るときは、ちょっと気取って、ドストエフスキー全集でも並べておけば良いのかもしれないが、まあ、地で行くしかありませんよ(笑)。

20170914_114004.jpg

先日黄色彼岸花を見たので画像に収めた。初めて見たので、フェースブックに載せたら、何のことはない、インコと同じでたくさんの色変わりがあるそうなだ。皆さん親切に教えてくださるのありがたい。

2015-01-0420170914_02.jpg

これは彼岸花ではないですよね。だって、葉がありますからね。丁度今咲いているので、紛らわしい。翔ちゃんママさんならご存知だと思う。

2015-01-0420170918_01.jpg

60歳になった時、大枚はたいて購入したマッサージチェアは、敬老の日の今日、皮肉にも屑屋さんに引き取ってもらった。使ったのは最初の一月くらいで、すぐ飽きてしまった。私は行政上は立派な老人なので、いたわって頂きたい(笑)。

家内の買い物に付き合って、買い物が終わる間、20分位店内でモミモミしてもらうのは気持ちが良いが、私はせっかちで、家ではそんな時間がもったいない。
畳一枚以上場所を占領し邪魔でしょうがなかったので、すっきりした。インコの糞でちょっと汚れているのはご愛敬だ。

20170915_101213.jpg

先日の画像だが、あいちゃんは意外と乾パンが大好きだ。非常用の乾パンは、賞味期限が来る頃に買い替えるので、丁度良い。

今日も一日幸せであった。


猫それぞれ


現在我が家には2匹の猫がいる。

2015-01-0420170816_01.jpg

ジャスミンは今年22歳になった超長寿の猫だ。人間の年齢に例えれば、100歳位になるのだろうか。もう痩せてきて毛艶もすっかりなくなってしまった。何とかこの夏は乗り切れそうだが、年を越せるかどうかは判らない。もし年を越せたら赤飯を炊いて祝う事にしよう。

2015-01-0420170816_03.jpg

こちらは生後五か月の福ちゃん。人間に例えればわんぱく盛りの中学生くらいなのだろうか。
今日も和室の障子を破られてしまった。娘が可愛がっているので、大きな顔をして、玄関口まで来て、ボブのための冷風扇の上に乗ったところだ。

もう生き物は増やすまい、絶対増やすまいと思いつつも、意志が弱く家族に迎えてしまう。どうぞこの馬鹿なおっちゃんを笑ってやってください。

20170818_095525.jpg

今日は久しぶりに晴れ上がったので、水浴び後の日光浴をさせた。思い切って篭の外に出してしばし遊んだ。オキナはとにかく甘えん坊で、人と遊ぶのが大好きだ。

シロハラインコほど乱暴ではなく落ち着いているし、アカクサインコ等と違って、体に触られるのも大好き、おまけお喋り上手で頭が良いと来ている。値段もヨウムと比べると手ごろなので、絶対お勧めのインコだ。但し、十分遊ぶ時間のとれない方には、お勧めできない。

20170818_095048.jpg

ここの処雨続きで、一種間程ほっておいたら、茗荷がこんなに採れた。食べきれないので、ご近所にもお裾分け。我が家はコンゴウインコや、シロハラインコなどうるさい鳥をたくさん飼っているので、ご近所の方とは、とにかく仲良くしている。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというのは、人に共通する心情だと思う。

今日も一日楽しく過ごせた。我が人生に悔いなし。お互いの人生に乾杯!


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク