Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

どらちゃんはますます乱暴になります

今日は雨模様でさっぱりでした。
梅雨明け宣言が出たのに、梅雨前線が南下とはいったいどうした事でしょうね。

2015-01-0420180705_03.jpg

そんなことにはお構いなく、我が家のどらちゃんは、相も変わらず、ベビーギャングぶりを発揮です。丁度今日で生後90日ですが、ロゼッタ模様も綺麗になってきました。

2015-01-0420180705_05.jpg

ハイ!  この通りインコには手を出さなくなりましたよ。しかし100%とはまだ生きませんので、多少は警戒をしています。

2015-01-0420180705_10.jpg

実は、この子は、昨日里親さんがお迎えに来て下さる予定でしたが、何と途中で電車が止まってしまい、1時間以上も待っても電車が動かず、8日のお渡しに変更しました。多分私の日頃の行いが宜しくなかったのでしょう。

アクセス数が777777になった時に見逃してしまったのが響いているのかもしれません(笑)。


2015-01-0420180705_08.jpg

一番子は、もう胸が真っ赤になってきました。

2015-01-0420180705_13.jpg

どらちゃんは現在、病院で薬を処方されて治療中です。ワクチンを打ちに行ったところ、目やにが出ていたので、検査の結果病気の可能性大、との事で抗生剤を飲んでいます。目薬を日に5回ほど注してますが、嫌がって嫌われてしまいました。

まあ、生き物を飼っている以上、病気はいかんともしがたいですね。

2015-01-0420180705_14.jpg

ところで、障子もこの通りです。以前から娘の飼っている福ちゃんが破ってはいましたが、さらに被害を拡大されました。

2015-01-0420180626_01.jpg

福ちゃん、推定1歳3か月。

2015-01-0420180626_02.jpg

毛艶ピカピカですが、悪ガキです。

今日も一日幸せに過ごせました。家族と生き物たちに感謝感謝です。

コレデイイノダ!




スポンサーサイト

シルバーベンガルと遊ぶ

今日は朝から雨で何もできません。
由って猫とたっぷり遊びました。

昨日健康診断に行ってきましたが、異常なしでした。



やんちゃすぎて、手に余ります(笑)。
落ち着くのは1歳過ぎでしょうか。


お久しぶりです。


先日、シロハラインコの雛や、オキナインコのオキちゃんを飼い主の不注意で亡くしました。
すっかり落ち込んでしまい、2週間以上もブログを開くことも出来ませんでした。沢山の方にご心配をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。

今日は以前よりお願いしておりました、子猫をお迎えしましたので、意を決して再開させて頂きます。

2015-01-0420180610_20.jpg

シルバーベンガルの男の子です。今朝お迎えに行ってまいりました。模様も綺麗なロゼット模様でとても気にいりました。名前はまだ付けてませんので、これから考えます。

2015-01-0420180610_22.jpg

昨年の暮れに、22歳のジャスミンちゃんを亡くして以来、やっと自分の猫を飼う事が出来ました。

現在1歳2カ月ほどの野良猫上がりの福ちゃんがいますが、娘の猫で、殆ど触らせてもらえません。

この子をお迎えしたことを機会にまた、頑張って楽しく張り切って、人生を楽しみたいと思います。ご心配頂きました方には、当ブログにて御礼申し上げます。有り難う御座いました。
今後とも未熟な私を厳しく見守って頂くようお願いいたします。


野良猫上がりの福ちゃん


先月12月12日に22歳でジャスミンちゃんが逝ってしまったが、もう一頭の野良猫あがりの猫がいる。

20180109_112346_HDR.jpg

娘が飼っており、なかなか触らせてもらえないが、時々ダイニングに連れてくる。私をよそ者と思っているらしく、抱っこしてやると、嫌がって直ぐに逃げて行ってしまう。まだ1歳前なので毛並みもピカピカだ。

実は福ちゃんは、本来生きられなかった猫だ。

まず親猫が保護団体によって保護された。獣医師に健康診断に連れて行ったら、乳首の状態から、育児中らしいことが判明した。そこで捕獲した付近を探したところ、無事三頭のあかちゃんが見つかったという次第だ。

由って福ちゃんは、親猫のおっぱいで無事育つ事が出来たのだという。男の子なので、昨年10月に去勢手術を済ませてある。

ところで今日は、猫から感染した女性が死亡したというニュースが流れ、ビックリされた方も多いと思う。
「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」と云うものだそうだが、やはり外飼いの猫は、どんな病気を貰って来るかわからないので、猫の為にも出来るだけ室内飼いが望ましい。

先月天に召されてしまったジャスミンちゃんが、22歳まで生きられたのは、8か月で避妊手術をした事と、一度も屋外に出なかったことで、全く病気を貰う事がなかったためと思う。猫は繁殖期になるとどうしても外に出て行ってしまうので、性成熟前に去勢手術、避妊手術をされた方が、良いと思う。

20180110_185558_HDR.jpg

ところで小松菜がべらぼうな値段で困っている。こんなちっちゃな小松菜が298円。我が家は破産だ。これだと鳥達にも毎日はあげられないな。


22歳の老猫ジャスミンが今朝逝きました


22歳のジャスミンが今朝静かに息を引きとりました。寝床に入ったままでの最後でした。

20171204_112514_HDR.jpg

12月4日に当ブログで紹介した物が最後の画像となりました。最近も元気だったので、何とか年を越せるかなと淡い希望を持ってましたが、叶いませんでした。

しかし、22歳と云う年齢まで生きてくれたので、何も思い残す事ははありません。まだ歩けない子猫時代に拾われて、我が家にやって来てから22年以上共に暮らせたので、十分な猫人生だったと思います。

昨日は私が釣ってきたヒラメを食べたのが、最後の食事となりました。ジャスミンらしい最後でした。と云うのも、当時、私は釣りに嵌ってまして、年間52回釣行してましたので、キャットフードはほとんど食べず、魚で育ちました。

7か月ほどで避妊手術をし、屋外に一歩も出なかったので、病気も拾わず、ここまで長生きできたのだと思います。

生き物を飼っていると、必ずこのような別れはやってきます。当ブログを始めてからでも、コンゴウインコのモモちゃんや、ヨウムのはなちゃん、そしてメーン・クーンのくらちゃんなどが、逝ってしまいました。これからも別れは確実にやってくるとは思いますが、多分生き物を飼い続けると思います。

残菊や 朝(あした)静かに 逝きし猫  鸚哥子


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク