Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

里親さんから画像が届いた


今日は東京地方も37度の天気予報で、もう何もしたくありません。

とは言っても、生き物を飼っているとそう云う訳にもいかず、今朝は5時起きしてフレンチオウルのボブの散歩に行った。この時期の散歩は、早朝と日が落ちてからしか散歩に行かないない。
つい先日動物病院の女性が、1時ごろ犬の散歩をしていたが、多分預かっている犬と思う。アスファルトの温度はかなりの物だし、犬は地表の輻射熱をもろに受けるので、如何かと思う。

確かに、預かっている犬の散歩は、休診時間の、12:00から15:00という事になってしまうのかもしれないが、犬にとってはかなり酷だと思う。

2015-01-0420170729_01_01.jpg

我が家のボブ君だって、画像のように、日陰で風通しの良い処を選んで昼寝する。

骨腫瘍の手術から、約10か月経ったが、現在のところは転移が見られず、元気いっぱいだ。
このお尻はいつ見ても可愛い。

2015-01-0420170805_04.jpg

新枝咲のクレマチス二番花も元気に咲いている。

2015-01-0420170805_03.jpg

ヒムネキキョウインコも真夏の子育てをしている。ヒムネキキョウインコは一般的には非常に弱い鳥といわれているが、私から見るとかなりタフな鳥だ。冬は水が凍ってしまう屋外の禽舎でなんのもんだいもないし、真夏でも画像のよう子育てをしてしまう。

1501308960275.jpg

鳥友さんから送って頂いた画像で目の楽しみをしてみよう。クルマサカとモモイロは、こんなに仲良くしてくれるなら、放鳥も楽だと思う。

1501308965686.jpg

やはりこの冠の美しさは、特筆ものですね。クルマサカという和名は、この御所車の様な冠を持つところからつけられたが、和名というのは実によくつけられていて感心してしまう。

1501309008161.jpg

この子も同じ鳥友さんからの画像だが、アカハラウロコインコ。和名はどんぴしゃりだ。

ここの処、自己嫌悪に陥ってしばらくブログ投稿できなかった。
元気を出して、また、明るく楽しく毎日過ごそうと思う。


スポンサーサイト

ペットを飼って健康長寿?


果たしてペットを飼って健康長寿を保てるか?

20170605_094524.jpg

週刊文春6月8日号の記事だが、「ペットを飼えば健康長寿!」の見出しが躍っている。
果たして如何なものか。確かに犬を飼えば、朝晩の散歩は欠かせないので、生活が規則正しくなり、朝もきちんと起きるし、まあ、犬と付き合って歩くので多少の運動にはなる。

しかし、犬でも猫でも可愛いが、生き物なので病気になるし、餌も食べるので、結構多額の費用が掛かる。何か月か前にTVで見た記憶だと、生涯にかかる飼育費は、犬は120万程、猫は70万程であった。それが理由かどうかは知らないが、最近ネコの飼育頭数が、犬の飼育頭数を上回ったとか。

20170605_094548.jpg

触れ合うと幸せホルモンがという見出しもあるが、飼うペットがミスマッチだとペットを飼う事がストレスになることもある。

週刊誌は一方通行なので、全て信じるわけにはいかない。犬は吠えるし、近隣にも相当配慮が必要になってくるので、飼う事がストレスになる事もかなりある。私は50年間の間に10頭以上の犬を飼って、現在はフレンチブルのボブを飼っている。全くと云うほど吠えないので、実に飼いやすい。こんな飼いやすい犬は初めてだ。

鳥はどうか。鳥も鳴き声が大きな鳥もいるので、びくびくしながら飼っていたのでは、飼っている楽しみも半減だ。

ところが朗報。ロッボトでも同様な効果が有るそうなので、世話要らずで楽だ。もとい、ロボットも世話をすることでボケ防止につながるそうだ。
餌も食べないし、病気にもならない、おまけに逝ってしまう事もない。同じ効果があるのなら、ロボットを世話する方に軍配を上げたいが如何だろうか(笑)。

20170530_094605.jpg

昨日、お向かいのお宅の駐車場に粗大ごみが置いてあった。すぐさま、ピンポーンをして、燃えるゴミに出せる様に、電動のこぎりで画像の如くカット。あっという間に燃えるゴミで出せる様にしてあげた。
但し、このままビニール袋に入れると直ぐに袋が破けてしまう。そこでだ。ちゃんとボブのドッグフードの空袋を、「是に入れると袋が破れませんよ」と云って差し上げた。

我が家は大声を出すコンゴウインコや、金切り声で叫ぶシロハラインコなどを飼っていいるので、近隣とのコミュニケ―ションが大事だ。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と云う事になる。ところがどうだ、お礼だと云って、ビールを6本も持ってこられて、困ってしまった(笑)。

20170605_170507.jpg

昨日の画像だが、ウロコインコは私の脚の間で眠ってしまった。結構可愛いもんだ。

2015-01-0420170605_14.jpg

これも昨日の画像だが、シロハラインコは孵化後17日も経つのにまだ眼が開かない。一体いつになったら眼が開いてくれるのだろうか。
早くから挿し餌した一番仔は110gまで成長した。がつがつ食べて、ムクムク育つ。

2015-01-0420170605_13.jpg

二番仔は103g。あっという間の成長だ。

2015-01-0420170605_17.jpg

三番仔は昨日巣上げしたが、巣上げした時点で、まだ画像の如く65g。やはり挿し餌してたっぷり食べさせた方が成長が早い様だ。

2015-01-0420170606_01.jpg

4番仔はまだ43gであった。結局5番目の仔は餌が貰えず、虹の橋を渡ってしまった。やはりシロハラインコを育てるのはは難しいと思う。

これがヒムネキキョウインコならどうだろうか。ヒムネは最後の産卵を終えてから抱卵するので、ほぼ同じ大きさでそだつ。3年前だったか、8羽も同時に孵って、全て無事巣立った。

20170604_182305.jpg

ところで、6月からビールの値段が上がってしまった。我が愛飲の発泡酒も然り。400円ほどの値上がり。年金生活者にとっては死活問題だ。

20170605_184702.jpg

頭にきて、昨日は焼酎のお湯割りとした。

20170605_092649.jpg

これも昨日の画像だが、我が家の西洋石楠花の葉に、カマキリのあかちゃんがいた。まだ全長2cmにもみたず可愛い。

2015-01-0420170606_07.jpg

先日購入した熱帯睡蓮を植えた。早ければ7月初めには美しいブルーの花を見せてくれると思う。


鳥友さん宅を訪問しました


今日は鳥友さんのお宅を訪問させて頂いた。

2015-01-0420170529_04.jpg

最初は見知らぬ訪問客に警戒をしていたアカクサインコのごんちゃんだが、そのうちなんとまあ、食卓の上でご覧の通り。

我が家でこんな事をしようものなら、間違いなく家を、たたき出される。

2015-01-0420170529_08j.jpg

主の腕や頭の上に止まったり、一緒の湯飲みからお茶を飲んだりと、まあやりたい放題だ。我が家もこのようにリビングを開放してあげられれば最高だが叶わぬ夢だ。

2015-01-0420170529_01.jpg

アカクサインコは飛翔力が高く、猛スピードでリビングから台所を抜けて、またリビングの定位置へと縦横無尽に飛び回る。

2015-01-0420170529_03.jpg

そしてうさちゃんとも遊べる。外国の飲んだ事もないビールまで頂いて、ふれあい動物園か、はたまた鳥カフェーならぬ鳥スナックの様相となった。

2015-01-0420170529_05.jpg

チンチラちゃんもペアで。

2015-01-0420170529_06.jpg

こちらのチンチラもペアで。動きが速く夜になると猛烈に活動するそうだ。

2015-01-0420170529_17.jpg

ウサギも2羽。是、間違い表記ではありませんよ。ウサギは一羽、二羽と数えるんですね。昔、僧職にあるものは獣の肉を食するのを禁じられていた為、鳥の様に一羽と数えたそうだ。まあ、当ブログを訪問頂くような方には釈迦に説法と思うが。

それにしても、フローリングの上に30cm角の洗える床材を敷き詰めたそうだが、大変な作業であったと思われる。我が家でも、そうしたいところだが、まあやめておこう、夢物語は。

2015-01-0420170529_13.jpg

我が家から行ったヒムネキキョウのブルーホワイトブレストも手乗りで健在。

2015-01-0420170529_15.jpg

同じく秋草も健在。

2015-01-0420170529_14.jpg

オカメも広くゆったりとしたケージに4羽ずつ、計8羽。

2015-01-0420170529_09.jpg

胡錦鳥も元気に囀っていた。
とにかくすごい数の鳥で驚いた。「今まで鳥を飼わなかったら、豪華客船で世界一周できたね」に納得。

2015-01-0420170529_01_01.jpg

ところで我が家のシロハラ君だが、予定では明日第5卵目が孵化予定だが、果たして・・・。潰されないうちに最初に孵った2羽を巣上げすべきかどうか大いに迷う処だ。


持つべきものは鳥友さん


今日は優れもののキャリーケースと、おもちゃのカートを頂いた。

20170520_171147.jpg

手作りのキャリーケース。プラスチックの水槽に穴をあけて餌猪口を掛けられる様になっている。この様に綺麗に穴を開けられるようになるまで、かなり苦労をされた様で、いくつも無駄にしてしまったとの事だ。

硬質プラスチックなので、電動ドリルで穴を開けると、どうしても周りにヒビが入ってしまう。ヒビが入らない様にするには、最初は小さな穴を開けて、少しずつ大きなドリルに替えて、穴を開けたとの事。しかも作者は女性。凄いですね。

そして、インコが遊ぶためのスーパーのカートまで添えてあった。

20170520_171251.jpg

ちょっと挿し餌中のウロコインコを乗せてみた。

2015-01-0420170520_01.jpg

ウロコインコも大分大きくなってきた。綺麗なレッドパイナップルもいる。

其れと嬉しい事に、今朝、シロハラ夫妻の第一子の孵化が確認できた。これも鳥友さんが、当ブログの経過報告から、孵化日を予測して頂いたのだが、まさにどんぴしゃり。

持つべきものは鳥友さんだ。



バラが咲いたし、ウロコインコの雛も育っている


初夏とよべば良いのだろうか。5月も半ばとなり薔薇が満開だ。

2015-01-0420170517_08.jpg

アンクルウオルターが満開だ。右端にちょこっと写っている、コンゴウインコのあいちゃんも霞んでしまう。

2015-01-0420170517_06.jpg

こうして見ると大輪で美しい。余程初心者向けと見えて、私でも立派に咲かせられる。

2015-01-0420170517_14.jpg

青系統の薔薇フェルゼン伯爵

2015-01-0420170517_13.jpg

ウインチェスター・キャシードラル

2015-01-0420170517_03.jpg

ちょっと名前を忘れてしまったが、フロリバンダだ。

2015-01-0420170517_02.jpg

マチルダ

2015-01-0420170517_04.jpg

今年購入したチャールストン

2015-01-0420170517_01.jpg

これもちょっと名前を忘れてしまった

2015-01-0420170517_01_01.jpg

ウロコインコパイナップルレッドの仔。赤の出方はそれぞれ違うようだ。この仔達は引き続き里親さん募集中。雛の成長は本当に速い。現在性別鑑定中。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク