Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

里親さんから画像が届いた


今日は東京地方も37度の天気予報で、もう何もしたくありません。

とは言っても、生き物を飼っているとそう云う訳にもいかず、今朝は5時起きしてフレンチオウルのボブの散歩に行った。この時期の散歩は、早朝と日が落ちてからしか散歩に行かないない。
つい先日動物病院の女性が、1時ごろ犬の散歩をしていたが、多分預かっている犬と思う。アスファルトの温度はかなりの物だし、犬は地表の輻射熱をもろに受けるので、如何かと思う。

確かに、預かっている犬の散歩は、休診時間の、12:00から15:00という事になってしまうのかもしれないが、犬にとってはかなり酷だと思う。

2015-01-0420170729_01_01.jpg

我が家のボブ君だって、画像のように、日陰で風通しの良い処を選んで昼寝する。

骨腫瘍の手術から、約10か月経ったが、現在のところは転移が見られず、元気いっぱいだ。
このお尻はいつ見ても可愛い。

2015-01-0420170805_04.jpg

新枝咲のクレマチス二番花も元気に咲いている。

2015-01-0420170805_03.jpg

ヒムネキキョウインコも真夏の子育てをしている。ヒムネキキョウインコは一般的には非常に弱い鳥といわれているが、私から見るとかなりタフな鳥だ。冬は水が凍ってしまう屋外の禽舎でなんのもんだいもないし、真夏でも画像のよう子育てをしてしまう。

1501308960275.jpg

鳥友さんから送って頂いた画像で目の楽しみをしてみよう。クルマサカとモモイロは、こんなに仲良くしてくれるなら、放鳥も楽だと思う。

1501308965686.jpg

やはりこの冠の美しさは、特筆ものですね。クルマサカという和名は、この御所車の様な冠を持つところからつけられたが、和名というのは実によくつけられていて感心してしまう。

1501309008161.jpg

この子も同じ鳥友さんからの画像だが、アカハラウロコインコ。和名はどんぴしゃりだ。

ここの処、自己嫌悪に陥ってしばらくブログ投稿できなかった。
元気を出して、また、明るく楽しく毎日過ごそうと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

心配してました。

なかなかブログが更新されないので心配してました。
復活されて良かったです!

ヒムネキキョウインコの羽色きれいです。
親鳥が健康なのでこの真夏でもしっかり育つのでしょうね。

Re: こばっち  さん今晩は

> なかなかブログが更新されないので心配してました。
> 復活されて良かったです!

怪我でPCの前に座れなかった時以来の間が空いてしまいました。
もう大丈夫です。私は切り替えが早いです。

> ヒムネキキョウインコの羽色きれいです。
> 親鳥が健康なのでこの真夏でもしっかり育つのでしょうね。

ヒムネは実に美しい鳥です。今年は沢山育ってますので、
宜しければどうぞ。

お尻(^^)/

私もボブちゃんのお尻のファンです♪
後ろ姿可愛いです♪
朝5時起きの散歩も毎日のことですもんね、頭が下がります。

ヒムネは本当に綺麗ですね。
鮮やかな群青色になるのでしょうね。

クルマサカは御所車から来ているのですか、
知りませんでした。実はずっと謎だったんです。
勉強になりました。
見事な冠ですね。実際の子も綺麗でした(^^)/

私もどうされているのかな、とちょっと心配してました。

Re: まろ さん今晩は

> 私もボブちゃんのお尻のファンです♪
> 後ろ姿可愛いです♪
> 朝5時起きの散歩も毎日のことですもんね、頭が下がります。

逆にボブの散歩があることによって、規則正しい生活が保たれていると思います。
逆にそのような縛りがなければ、だらだらとした生活になってしまう子脳性があります。
元来が怠け者ですので。

> ヒムネは本当に綺麗ですね。
> 鮮やかな群青色になるのでしょうね。

ピンボケだったので、明日また撮影してみます。

> クルマサカは御所車から来ているのですか、
> 知りませんでした。実はずっと謎だったんです。
> 勉強になりました。
> 見事な冠ですね。実際の子も綺麗でした(^^)/

クルマサカは実に美しいオウムで人気があり高額ですね。
なかなか私のような庶民には手が出せません。

> 私もどうされているのかな、とちょっと心配してました。

七転び八起きです。
終わりよければ全て良しです。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク