FC2ブログ
Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

シロハラインコ、ウロコインコ、里親さん募集致します


シロハラインコ、ウロコインコ、里親さん募集致します。

34642.jpg

7月2日生まれのシロハラインコですが、ここまで大きくなりましたので、もう特段事故がなければ大丈夫と思います。
頭部にも黄色い羽が生えて来て、シロハラらしさが出てきました。丁度私の頭部の様です(笑)。
現在性別鑑定中ですので、性別のご要望も承ります。
尚、挿し餌の経験のない方には一人餌になってからのお渡しとなります。その場合はフライトスーツを嫌がらずに切れる様ならしておきます。

有償ですが格安です。里親さんご希望の方はプロフィール欄のアドレスまでお所お名前、インコの飼育経験等を添えてお問い合わせお願い致します。
当方千葉県市川市在住です。

34643.jpg

2号ちゃんも一月経ちました。

34618.jpg

ウロコインコは今年最後の雛となります。ご自身で挿し餌されると可愛さもまた格別です。ご連絡お待ちしてます。


スポンサーサイト



連日カワセミ


連日カワセミに行ってます。なかなか良い画像は撮れませんが。

_DSC2521kawasemi.jpg

このカワセミは今年の巣立ち雛の様で、まだ色は完全に上がっておりません。
羽繕いに余念がありません。

_DSC2121カワセミ200803

陽が当たらないと、尚更色がでませんね。あまり画像を細工したくないので、色の補正はしてません。

_DSC2790kawasemi.jpg

クチボソgetです。

_DSC2756.jpg

今回は餌捕りにに失敗したようです。

_DSC2763.jpg

飛翔画像はどれもピンボケでお恥ずかしい限りです。

_DSC2777.jpg

ピントが木の葉に合ってしまってます。なかなか難しいもんですね。

_DSC2719.jpg

止まっているトンボはマニュアルフォーカスでないとピントが合いませんでした。


タムロンレンズ試し撮り


先日購入したTamron28-200mmF2.8~5.6の試し撮りをしてきました。

_DSC1764.jpg

流石に画像は今一ですが、汎用性は抜群の様です。まずはカマキリのあかちゃん28mmです。しっかり背景もぼけてくれます。
最短距離28mmでは19cmまで寄れます。

_DSC1712A.jpg

シオカラトンボの♀200mm。

_DSC2015.jpg

市川市動物園に行ってフェネック。背景もぼけてくれます。

_DSC1997.jpg

同じくミーアキャット。バッチリ瞳フォーカスも効いてました。

_DSC1778.jpg

ヤマガラの大好きなエゴの実。

_DSC1821.jpg

カワセミがいたので撮ってみましたが、さすがに200mmではどうにもなりません。

_DSC1814.jpg

3mほど離れたカブトムシもこの通りです。

結論から言えば、散歩用や旅行用にはこの一本で大丈夫そうですね。

IMG_2012.jpg

画像の通りの小ささで、重さも550g程度なので全く疲れません。ただ突然野鳥が現れてもちょっと無理ですね。


アオバズクの雛が巣立ちしました。


4日間通って、やっとアオバズクの雛の巣立ちに立ち会えました。今朝は2時過ぎに起きまして、鳥友(野鳥の)さんを3時前にお迎えに行って、現地着が4時前。
なんか釣りに出かける気分でしたよ(笑)。

_DSC1612aobazuku 200731

まだ少し産毛が見えるアオバズクのひな。可愛かったですね。沢山たくさんシャターを切ったのですが、暗くてどれも使いものになりませんでした。

DSC1459アオバズクのの親子

少し明るくなったところで、雛の3羽と両親がそろった処を何とかものにできました。

今まで鳥友さんの情報で、出かけてばかりいて楽してましたが、皆さんご苦労して野鳥撮影していたことがやっとわかりました。

これからは自力で野鳥が探せるように頑張ります。


IMG_20150607_0002.jpg

ところで40年近く前の話ですが、私はアオバズクを飼ってました。長男も鳥好きになるようにといろいろ工夫はしたのですが、子供3人とも全く鳥に興味を示さなくなってしまいました。

画像は長男が2歳の頃の物で、当時は野鳥飼育には寛容な時代でした。
なんせ中西悟堂先生が「野鳥の飼い方」の本の監修をしていた時代ですので。

IMG_20150607_0014.jpg

こうして見ると親に似ないでなかなかいい顔してますね(笑)。

IMG_20150607_0001.jpg

カラスは庭で放し飼い、フクロウは6畳ほどの禽舎でゆったりと過ごしてました。
まあ、この頃が仕事も遊びも、私の最も充実していた時期でしたね。

とは言っても、私はまだまだこれからも好きな事をして生きて行こうと思ってますよ。

コレデイイノダ!!



シロハラインコも順調に育ってます


アオバズクの撮影は上手く行きませんが、シロハラインコは順調に育ってます。
本人は遊び惚けていて乳母さんには本当に感謝感謝です。

34305.jpg

孵化が7月2日の1号ちゃんは119g迄なりました。シロハラインコは大型インコ並みに成長が遅いですね。まだ羽軸も見られません。

34306.jpg

2号ちゃん105gです。やっと目が開きました。

34307 1

3号ちゃんは、4日遅れの孵化の4号ちゃんに体重並ばれました。女の仔かも知れません。

34307.jpg

4号ちゃん、3号ちゃんとはかなりの体重差がありましたが、とうとう追いついてしまいました。男の仔かも知れませんね。
現在性別鑑定中です。

34309.jpg

ワキコガネウロコインコは遺伝的に男の子かもしれません。可愛い盛りですね。この仔はご自身で挿し餌出来る方には、いつでもお譲りできます。


明日はまた3時出発でアオバズクを観に行きます。
何とか良い画像をお見せしたいものですが。

アオバズク雛の巣立ちを待つ


今朝は3時に自宅を出発してアオバズクの雛の巣立ちを観に行きました。
真っ暗闇の中に既に10人以上のカメラマンが待機してました。その後続々と集まって来て、あっという間に30人以上になりました。
世の中には暇な人がいるものですね~。まあ、人の事は言えませんがネ(笑)。

_DSC9406 (1)アオバズク200727

こちらは先日撮影した親鳥です。

_DSC9961.jpg

一時は3羽とも巣から出て来て、親鳥が餌を運んでましたが、4時半ごろになると、何とみんな巣の洞に逆戻りです。
後で聞いたのですが、このような暗闇ではマニュアルフォーカスにしなければならなかったようです。
また一つ勉強しました。

_DSC0172.jpg

5時前に再度顔だけ出してくれましたので、何とか証拠写真だけは撮れました。

_DSC0338アブラゼミの羽化

すぐ近くの木では、アブラゼミが羽化してました。アオバズクはセミや、蛾、甲虫等昆虫食が主です。

_DSC9589ツミ200727

ツミの幼鳥も、まだ鳥や鼠などを捕る事が出来ず、セミ等を捕食して腹を満たしているようです。

と云う訳で、また明日にでもアオバズクを観に行かねばなりません。
コレデイイノダ⁉


やっと野鳥撮影に行けました


乳母さんに雛の挿し餌をお願いしましたが、その後天候に恵まれず、足止めを食ってました。
やっと今日野鳥撮影に行って来ました。それも一気に3か所。朝4時起きしました。

_DSC8780 (1)オオタカ幼鳥200727市川

朝5時に現地到着。程なくオオタカ幼鳥が現れてくれました。

_DSC8955 (1)オオタカ幼鳥200727

3羽巣立ったようですが、なかなか3羽同時に絡んでくれませんで、一羽づつです。

_DSC9456 (1)アオバズク佐倉200727

一旦家に帰って、朝食後、直ぐ45k先まで車を飛ばしました。
アオバズクの巣立ち雛を期待してましたが、残念ながら親のみでした。明日は巣立ちしてると思いますので、また4時起きです(笑)。
まあ。釣りに行くことを考えればなんともありませんが。釣りは2時起きですから。

ツミ幼鳥_DSC9538 (2)

帰りにまた寄り道して、ツミの巣立ち雛を撮りました。もう皆さん撮り飽きたようで、カメラマンは5人程しかいませんでした。

_DSC9895 (1)ツミ200727香澄

いろんなポーズを見せてくれました。

_DSC9814.jpg

ツミの大首です。
明日アオバズクの巣立ち雛が撮れることを祈願して乾杯!


ドッキリカメラ


乳母さんドッキリ‼

34059 (2)

昨日乳母さんから送って頂いた画像ですが、この情景を見て、ドッキリしたそうです。
シロハラインコもそうですが、ウロコインコも仰向けに寝ていたりするので、初めて見た方は、一瞬頭が真っ白になります。

34104 (2)

でも安心です。ずいぶんと大きくなって、今は日に三回の挿し餌で育ってます。

34089 (2)

1号ちゃんはやっと目が開いたようです。
7月2日生まれなので、何と目が開くまで24日かかったことになります。
未だ赤裸ですので保温が必要です。温度が下がると、直ぐに餌の消化時間が落ちてきます。

34099.jpg

ウロコちゃん末っ子ですが、目かくりくりで可愛くなってきました。
カラーはワキコガネになりそうですね。
この子は里親さん募集致しますします。有償ですが格安です。

レンズ沼に嵌ったかな


実は今日新しいレンズを購入しました。

あいちゃん

そのレンズで撮ったあいちゃんですが、画像の具合は如何でしょうか。

タムロンレンズ

Tamronの28-200mmのF2.8~~5,6です。先月発売されたばかりですが、結構評判が良いので購入してみました。
売りは、この一本で旅行時の携行には、十分と云う物です。
私はもっぱら散歩用として使用しますが、見つけた花や昆虫、ごく近い距離の野鳥等の撮影に、かなり機動性はありそうです。

IMG_2012.jpg

上が野鳥撮影用に使用している200~600mmのズームレンズ。
下が28~200mmのズームですので、是で全域カバーできそうです。

まあ、あとは足りないのは腕だけです(笑)

IMG_1992.jpg

今日、ヒムネキキョウインコの巣箱を覗きましたら、雛がここまで育っていました。まもなく巣立ちですね。


順調に育ってます


昨日より私がさし餌していた子達も乳母さんにお願いしてます。

33926.jpg

1号ちゃん81g。

33927.jpg

2号ちゃん70g。3号ちゃん62g、4号ちゃん43gです(いづれも昨日のもの)。

IMG_20190123_123336.jpg

こんな風にして遊べるまでは、あと2カ月ほどかかるでしょうね。
熱中症には気をつけねばなりません。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから60年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com
千葉県市川市在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク