FC2ブログ
Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

残念ラグビー負けちゃいました


先程迄ワールドカップラグビー観てましたが、残念ながら負けてしまいました。

DSC08654.jpg

ラグビーを観ながらあいちゃんと遊んでました。あいちゃんはバナナ、ブドウが大好きです。大型インコは出来るだけ時間を割いて遊んであげるとストレスが解消されるようです。同時に飼い主も癒されてます。

DSC09660.jpg

ラグビーは、前半戦は3-5と善戦してましたが、後半戦は残念ながら力の差が出てしまいましたが、決勝トーナメント迄勝ち上がったのは立派なものです。

(1大町カワセミ19-10-20

今日は、近くの公園迄翡翠を撮りに行って来ました。またもや飛翔画像はピンボケでした。なかなか難しいですね。

IMG_0999.jpg

我が家のヒムネキキョウインコは性別がはっきりしてきました。この子は胸がまさに緋色になってきました。実に美しいです。

IMG_1001.jpg

こちらはブルーで♂は胸が白くなり、これまた優雅な鳥です。声も静かで篭も汚さないので、うるさい鳥は飼えないという方にはぴったりです。

IMG_1012.jpg

コキンチョウも実に美しい鳥です。オーストラリアは、様々な美しいインコもフインチもおり、野鳥の宝庫です。もう一度行ってみたい国ですね。

今日も一日有意義に過ごせました。
コレデイイノダ!!

スポンサーサイト



台風お見舞い申し上げます


台風19号はあちこちで堤防決壊があり、被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。
私はといえば、台風が去るのを待って、何時もの三番瀬に朝6時に行って来ました。更に昨日は越谷の調整池にまでも足を延ばしました。

2ミユビシギ標識鳥18-10-13 (

台風通過後は、海洋性の珍鳥が吹き寄せられていることがあるらしいとの事で、行きましたが、グンカンドリやトウゾクカモメなどは入っておりませんでした。
ミユビシギの標識鳥がおり、フラッグの番号が読み取れますので、何処で付けられた鳥か、山科鳥類研究所に問い合わせしてみようと思います。

DSC08300.jpg

三番瀬では、残念ながら、建物の間よりの日の出です。

DSC09132.jpg

一晩中降り続いた雨と強風により、すっかり大気中の埃が洗われて、富士山が綺麗に見えます。昭和の30年代初めころまでは高い建物もなく、工場の排煙も少なくなく、何処からでも美しい富士が見えたのでしょうね。

DSC08958.jpg

ミヤコドリも大きな貝を見つけて大喜び。

DSC08435.jpg

野良猫も台風が去って一安心でしたでしょう。毛艶も悪くありません。

DSC09590.jpg

昨日は、越谷レークタウン駅の近くの調整池に珍鳥が入ったとの情報で行きましたが、残念ながら観られませんでした。
遠くを飛んでいたミサゴでしたので、証拠写真程度で残念です。

毎日慌ただしく過ごしてますが、決してインコの事を忘れているのではありません。またインコ報告はさせて頂きます。


ヒラメ解禁になりました


10月になり外房大原港もヒラメが全面解禁になりました。

IMG_20191009_114113.jpg

満を持して今日は行って来ました。結果は良好。ヒラメ3枚ソゲ3枚(1kg未満は釣り人はヒラメと呼ばずソゲと呼びます)でした。
外道でイナダ2本とガンゾウビラメ2枚。長栄丸さんのブログには画像入りで出てます。怖いもの(30代のイケメン)見たさの方はどうぞご覧ください。

両手に下げて撮るほどのヒラメではありませんでしたが、なんせ今年の3月の最終ヒラメ釣りは鳥友のお子様をお連れしたにもかかわらず坊主でしたから。まあ、なんとか雪辱です。

IMG_20191008_212844.jpg

気合を込めて前泊しました。素泊まりですが、TVもあってなかなかの部屋です。

IMG_20191008_212548.jpg

ちゃんと釣り雑誌まで用意されてます。至れり尽くせりです。

PA090046.jpg

朝4時20分出船ですが、協定により釣り始めは5時半です。

DSC08137.jpg

ところで、なないろいんこは非常に欲張りなので、何と釣りの帰りに、野鳥撮影までしてくるという貪欲さです。途中一宮のシギチに立ち寄りましたが、イソヒヨドリとソリハシシギのみ撮りました。

DSC07970.jpg

もう鴨の群れも入ってましたが、飛翔してましたので、何の鴨かは私には判りませんでした。
兎にも角にも今日も一日幸せでした。

コレデイイノダ!‼


涼しくなりました


今日はめっきり涼しくなりました。

今日も行って来ましたよ都内の公園。歩数15000歩を超えました。なに、帰り路間違えて5000歩程余計に歩きましたが(笑)。その位この公園は広いです。

DSC07905.jpg

カワセミ君は何時観てもバックシャンです。美しい容姿から、公園では常に人気者です。

3)2)カワセミ19-10-07水元公園3 ( (

美女なので、ドアップにも耐えられます。美人は得ですね。

2)水元公園オシドリ♂♀19-10-07 (

オシドリ夫婦は写真対象としては初観初撮りです。まだ完全な冬羽になっておらず、♂はエクリプスといわれる冬羽に変わる前の羽色ですが、嘴が赤いので直ぐに識別できます。

私は40年近く前に大きな禽舎でオシドリを飼ってまして、雛も孵りました。丁度その時、季節外れの6月辞令で転居を伴う異動があり泣く泣く手放しました。その時は、オオバタンや、コバタン2羽、フクロウ、沢山のインコ達、そしてシベリアンハスキーも手放しました。
オシドリ夫婦とは云いますが。オシドリは毎年夫婦関係を清算するようです。誰ですか、そこで羨ましいなんて言ってる方は。

コガモ19-10-07水元公園

コガモもやって来てました。

DSC08475.jpg

四十雀は街中でも普通に観られる鳥ですが、いざ撮影しようとすると、動きが速く意外と難しいですよ。

DSC07703.jpg

季節外れの桜が一輪咲いてました。今日もとても気持ちの良い一日を過ごす事が出来ました。
好きなことをさせてくれる家内には感謝感謝です。


10月になりましたが暑いですね


昨日から10月になりましたが、まだまだ暑い日が続きます。地球温暖化で「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉も死語になりそうです。
尤も正岡子規は「毎年よ彼岸の入りが寒いのは」と詠みましたが、今生きていたら「毎年よ彼岸過ぎても暑いのは」と詠んだかもしれませんね(笑)。

DSC07699.jpg

そんな訳で、昨日は午後から水浴び&日光浴でした。この様にケージを並べて撮影するのも、今回が最後です。とうとう部屋からインコたちを撤退させることを余儀なくされました。

DSC07708.jpg

でもあいちゃんは元々玄関で飼ってますので、大丈夫です。この生き生きした表情をご覧ください。一点の曇りもありません。

DSC07321.jpg

彼岸花にも白い色変わりがあるように、野鳥にも時々白いカラスや、スズメ、キジ等が観られます。特に白いキジは吉兆として献上品に使われたようですね。

ところで珍しい白いツバメもいるのですね。
当ブログのリンク欄の一番上のブログ『The birdhouse of hiro:』をご覧になると、白いツバメの芸術写真をご覧になれますよ。


今日の一枚はエゾビタキ


今日は鳥友さんと水元公園迄、野鳥撮影に行って来ました。鳥友さんといっても、探鳥友さんです(笑)。この頃すっかり野鳥撮影に嵌ってしまいました。

今日は最後にほっこり写真があります。どうぞ最後まで御覧ください。

-1水元公園エゾビタキ19-09-30 

エゾビタキは初撮りです。渡りの途中で餌の豊富な公園で十分餌を採って南の国へ旅立っていきます。

キビタキ♂19-09-30水元公園8

キビタキの♂ですが、こちらを向いてくれません。野鳥を撮るのはホントに難しいですね。10人程のカメラマンが狙ってましたが、やはり良い姿は撮れていない様でした。

DSC07624.jpg

こちらは後ろ姿です(笑)。なかなか手乗りインコの様には行きません。

DSC07441.jpg

キビタキの♀でしょうか。この子はちゃんと横顔を見せてくれました。

DSC07696.jpg

曼殊沙華も満開です。

情念のごとく噴き上げ曼殊沙華   藤坂洋子

DSC07689.jpg

釣り人の横に寄り添うサギ。多分ダイサギと思いますが。今日はこの光景を見ただけでほっこりしました。
由って、今日も一日幸せでした。

モズの高啼き


お彼岸も過ぎいよいよ秋ですね。

柏モズ19-09-28  (3)

今日は百舌の高啼きをあちこちで聞きました。この時期モズは盛んに縄張りを主張し高啼きをします。見晴らしの良い枝の先や
電線などに止まって鳴いてくれるので、撮影も楽です。

この画像は200-600の望遠使用で手持ちで撮りました。カメラとテレコン込みで3kg超えますが、手持ちは機動性が良いので、練習中です。

DSC07686.jpg

今日は我孫子市にある鳥の博物館に行って来ました。

DSC07691.jpg

私はこの始祖鳥を恨みます。

是が鳥の先祖も先祖、始祖鳥の模型です。もしこの世に鳥がいなかったなら、当然現在鳥を飼ってませんので、家内や、家族に白い目で見られることもなかったわけでして‥‥(笑)
まあ、その分楽しみもなかった訳ですから、どちらが良かったかは判りません。

DSC07693.jpg

是が16世紀にモーリシャス島で発見されたドードー鳥の模型です。不思議の国のアリスにも登場する鳥ですが、実に独特な体型をしてます。勿論飛べない鳥でして、人が持ち込んだ犬等によりあっという間に絶滅したようです。大きな鳥なので人も食べたのかもしれません。

DSC07695.jpg

コンゴウインコもこうして剥製になってしまうと、何とも哀れです。あいちゃんがこうならないように私も115歳まで頑張って共に楽しく過ごしたいと思います。

DSC06890.jpg

あいちゃん頑張ろう!!

カワセミと再会


今日は久々にカワセミと会って来ました。

カワセミ19-0925大町1

台風15号で沢山倒木被害があり、入場禁止になっていた近くの自然公園に行って来ました。
久々にカワセミと出会えましたが、照準器を車に忘れてしまい、飛翔画像が撮れませんでした。折角ホバリングしてくれたのに残念です。次回挑戦します。

DSC07612.jpg

コゲラにも出会えました。この様に木の幹にしっかりとしがみ付けますね。そして尾羽が普通の鳥と違い羽軸が固いので、この様に尾羽でも支えます。

DSC07529.jpg

ツクツクボウシがしきりに鳴いてました。この時期になると、アブラゼミやミンミンゼミはもういません。こうして見ると立派に保護色になってます。

鳴き立ててつくつく法師死ぬる日ぞ   夏目漱石


2)彼岸花1-0925-1 (

彼岸花も、満開です。

DSC07521.jpg

そしてキノコも。秋ですね。

DSC07535.jpg

これはなんというキノコでしょうか。

DSC07542.jpg

そしてかやの実も熟れて地上に。
今日は秋、秋、秋を満喫しました。今日も幸せ!!



コンゴウインコの破壊力侮るなかれ


今日は久しぶりにあいちゃんに登場いただこう。

aicyann

今日もあいちゃんは胡桃割り。コンゴウインコはとにかく嘴の力は並の物ではない。金槌で何度叩いても割れない胡桃もあっという間に割ってしまう。

20190921_061525_HDR 1

是があいちゃんが一日遊んで割った木片だ。

20190921_061611_HDR.jpg

以前は、小さく切った木片に穴を開けてチエーンでつるしていたが、あっという間にバラバラにしてしまうので、最近は角材を30cmくらいに切ったものをそのまま与えている。3日位で大体この位迄しゃぶりつくす。

1個2000円程の市販の玩具など買ってきても、1日でバラバラにしてしまうので、とてもじゃないがお金がいくらあっても持たない。もとより年金生活者の身にしてみれば、とてもとても。

DSC06890.jpg

胡桃は大好きだし、割ることによってもストレス解消になっているのではと思う。あいちゃんと遊ぶことで私の心もとても和やかになる。
メデタシ、メデタシ!!

忘れてました、タシギちゃん


私の大好きなタシギを載せるの忘れてました。

DSC05313.jpg

15日に茨城県迄行った時に出会えたのですが、私の大好きなタシギです。
この長い嘴と、つぶらな瞳は何とも言えず可愛いです。泥をかき分けながら餌を探していたのでしょう。

ツルシギ、アカアシシギ19-09-15浮島 (1)

前回、名前が分からなかったシギですが、大きな方がツルシギです。手前がアカアシシギと分かりました。一歩一歩ですね。

3エリマキシギ19-09-15西洲

前回はオグロシギをエリマキシギと書いてしまいましたが、こちらが正真正銘のエリマキシギです。ちょっと背中にエリマキの痕跡があります。夏羽は、本当に首に襟巻をしたように見える様です。

4セイタカシギ脚泥19-09-15西洲 (

セイタカシギはほんとに脚が長いですね。まだ脚が赤くないので若鳥だそうです。いろんな方に教えて頂き少しずつシギ類も識別できるよう努めます。

コレデイイノダ!!



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク