Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

東京ピーチク会「春の小鳥祭り」のご案内です


毎年恒例の東京ピーチク会「春の小鳥祭り」の案内をさせて頂きます。

2015-01-0420170323_01.jpg


アマチュアの鳥の会ですが、大型インコから、フインチ迄様々な愛鳥を会員が持ち寄ります。沢山の鳥をご覧になれますので、どうぞ鳥好きさんでご都合の付く方おいで下さい。

非会員の方も愛鳥をお持ち頂ければ出品できます。カゴはご自身でお持ち頂くことになります。一般参加の方の鳥も含めて、会場においで頂いた方全員での人気投票となりますので、忖度は一切ありませんのでご安心ください(笑)。

当ブログをご覧になって足を運んで頂きましたら、是非お声をかけて下さい。30代のイケメンを探していただければ直ぐ判ります(笑)。もとい、コンゴウインコの刺繍の付いた黒いキャップでまいります。

昨日の国会中継は、ビデオに撮って全部見ましたが、いやはや下手なテレビドラマよりよほど面白かったですね。籠池氏の名言出ちゃいましたね。「事実は小説よりも奇なり」。

安倍政権は、是で幕引きを図ろうと思ってますが、少なくとも一般的な国民は納得しないでしょう。しかし安倍夫人、大はしゃぎであっちこっち顔を出していた様が浮き彫りですね。

まあ、当ブログは鳥ブログですので、政治的な話はここで終わります。

スポンサーサイト

雛の成長は早い


昨日jは真冬並みの寒さであった。今日は一転暖かい日となった。東京の桜は開花宣言が出た。WBCベースボール、残念ながらアメリカに負けてしまった。
それにしても、8時からの放送だったが、なんと試合開始は10時10分。いくら何でも酷すぎないか。

世の中、おかしいことだらけで困ってしまう。石原元知事の百条委員会参考人で、「記憶にません」連発。さて、明日の籠池氏の証人喚問は如何に。

2015-01-0420170322_01.jpg

其れはさて置き、雛の成長は早い。16日に巣上げしたウロコインコはここまで成長した。あっという間だ。日に三回の挿し餌だが毎日楽しい。毎日見ていても、日に日に成長していくのが判る。

一般に日に多数回の挿し餌をした方が良いと思われている様だがが、そんなこともない。特に大型インコの場合は、日に2回で十分だ。ソロモンオウムの太郎ちゃんも、コンゴウインコのあいちゃんも、2回の挿し餌で立派に育った。ベテランの方から、そのうがほぼ空になった時の挿し餌が理想的と聞いた。

でも、不思議な事に、親はちょこちょこと多数回にわたって、餌をあげる。何らかの酵素により、そのう内の餌が、腐敗しないようにしているのだろうか。もし、詳しい方の目に留まったら、ご教授頂きたい。

2015-01-0420170322_03.jpg

長男君はここまで成長。

2015-01-0420170322_05.jpg

次男君もここまで。いや雌雄は判りませんが(笑)。

2015-01-0420170322_07.jpg

三番目もここまで。パイナップルのようだ。

2015-01-0420170322_08.jpg

16日には目も開いてなかった末っ子も、ここまで成長。パイナップルと思っていたがワキコガネのようだ。一羽は我が家に残してベタ馴れにして、フライトスーツを着せようかと思う。

今日脳神経外科を受診して、24日に脳のMRI検査を受ける事となった。右膝の靱帯損傷は、今日の診察で終わろうかと思ったが、医師の見解では、まだリハビルした方が良いとの事。普通に歩行できるが、時々膝が笑う。

大腸内視鏡問題なし。ピロリ菌も除去確認。さて、脳はどうかな。もとより聡明でないのは承知しているが。

毎日楽しい気持ちで生きようと思う。


芽生えの春


今日はお彼岸という事で、とても暖かい日であった。

毎年よ 彼岸の入りが 寒いのは   子規

これは、子規の母親がつぶやいた言葉を、そのまま俳句として読んだものだそうだ。今年は当てはまらなかった。

2015-01-0420170320_01_01.jpg

フレンチブルのボブ君も画像の様にのんびりと日光浴。

彼にとっては今が一番良い季節なのだろうか。フレンチブルは暑さ寒さに弱い。熱射病でなくなってしまう仔も多いようだ。航空貨物でも、この種は夏季期間は取扱しない。

彼も7月7日で万15歳となる。散歩もあまり長い距離は歩かなくなった。飼い主の体調も最悪だ。体が動かない。気持ちを奮い立たさなければ。

2015-01-0420170320_01_02.jpg

そんな中ではあるが、秋草インコを巣上げした。一羽だけ里親さん募集です。ルビノースプリットで遺伝的に♂です。

2015-01-0420170320_02.jpg

挿し餌の経験者であれば、もう少しでお渡しできます。挿し餌用のエグザクトとシリンジをお付けしてます。

2015-01-0420170320_04.jpg

クレマチスの新枝咲きはどんどん芽吹いている。
残念ながら、我が髪の毛はこのようにはいかない(笑)。

2015-01-0420170320_05.jpg

クレマチスは、画像の様に、少し大きくなった処で、芯を詰める。すると両サイドから、2本の枝を伸ばす。これをもう2度すると8本の枝になる。5月末には、もうパーゴラ全体を覆うように伸びる。

プリンセス・ダイアナと篭口だ。

2015-01-0420170320_10.jpg

冬に剪定した薔薇は、此処まで新芽が伸びている。ピアトリーの小鳥も可愛い。釣りにでも行って気分転換しなければ。



ウロコインコ里親さん募集します


ウロコインコ本日巣上げ致しました。1羽は我が家に残しますので、1羽だけ里親さん募集致します。

2015-01-0420170316_01.jpg

大きさにかなり差があり、多分10日程間があいているかもしれません。
ヒムネキキョウインコは卵を全部産み終わってから抱卵しますので、大きさに差が出ませんが、ウロコインコはこのように差が出てしまいます。ボタンインコなどもかなり差が出ますね。

昨年は当初3羽と思っていたのが、結果は6羽でした。今回も3羽と思っていましたところ、4羽でした。減ってしまうのは悲しいですが、増えるのは楽しいですね。

2015-01-0420170316_02.jpg

末っ子はまだ眼が開いてません。カラーは多分パイナップルかと思います。可愛いですね。

2015-01-0420170316_06.jpg

この仔もパイナップルのように見えます。末っ子はまだ眼が開いてません。

2015-01-0420170316_04.jpg

この仔は多分ワキコガネと思います。

2015-01-0420170316_05.jpg

この仔は長男坊の様です。ワキコガネと思われます。これからの挿し餌楽しみです。

既に里親さんご希望されている方楽しみにして下さい。
勤めていた時は、会社に同伴出勤したことが何度もありますが、今や自由の身ですので毎日が日曜日です。

それにしても私は何とも幸せな会社生活を送っていたのでしょう。



ウロコインコの巣箱


ウロコインコの巣箱を設置した。かなりごつい奴だ。

2015-01-0420170314_02.jpg

画像の様にかなりごつい奴で、厚さ24mmの合板で出来ているのでかなり重い。サイズも大きくて入り口から入らない。由って止む無く外付けとした。
禽舎の一番奥に移動してもらった。外付けにはしたものの、実は咬み破られないかと心配だ。秋草インコ用の巣箱は、3枚目の画像の如されてしまったから。

2015-01-0420170314_03.jpg

ケージは移動してもらったが、カゴのサイズは同じ桜井鉄工所の80cmのサイズなので、早く環境にも慣れてくれると思う。今年は満2歳なのでいくら何でも繁殖してくれると思うが、赤顔の美しいペアだ。

2015-01-0420170314_07.jpg

何故、ごつい巣箱を買ったかと云うと、是。
1月に入れたアキクサインコ用の巣箱は、こんな状態にされてしまった。いくら何でもこの巣箱では子育ては出来まい。しかしこの巣箱は、まだ寿命が尽きた訳ではない。

2015-01-0420170314_01_02.jpg

ほら、あいちゃんのケージに入れてあげると、こんな風に、割りばしの様に細く割いてくれる。とにかくインコたるもの、齧るのが商売の様に熱心だ。

2015-01-0420170314_06.jpg

こちらのペアも、同様に巣箱をぼろぼろにしてしまったので、画像のごつい奴を入れた。今まで、夜でも人が近づくと直ぐ巣箱から出て来て落ち着かなかったが、昨晩は、全く出てこなかった。
そしてなんと♀の方が昼から巣箱に入った。来月には産卵してくれるかもしれない。

2015-01-0420170314_01_01.jpg

ウロコインコにも個性があって、現在子育てしているペアは、秋草インコの巣箱でおとなしく子育てをしている。

小さなインコでも、この様に個性があるのだから、人間、皆同じように育つわけがない。教育勅語で教育したからと云って、みんな同じ大人にはならんぞ、森友学園さん。

それにしても国会に証人喚問しないとは、誰が見てもおかしい。ホントのことをしゃべられたら、失脚必至の方がいると思われてもしょうがないだろう。必死に証人喚問を拒む処を見ると、かなりの要人なのだろうか。皆さんどう思われますか。これは余談です(笑)。

2015-01-0420170314_04.jpg

秋草インコの雛が2羽孵った。眼が黒いのでローズになると思うが、母親が我が家育ちのルビノーなので、遺伝的に♂でルビノーのスプリットを持つ。
この仔達は里親募集いたします。手乗りで女の子を飼われている方に、繁殖用及び手乗り用としてお勧めです。

この様に両親揃って巣箱にいる所を見れば安心できます。ルビノーのスプリットと云って、市場に出ている仔で、スプリットでない仔はかなりいますね。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる