Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

22歳の老猫は年を越せるか

昨日の画像だが、我が家の22歳の猫ジャスミンはもうよぼよぼだ。

2015-01-0420171122_01.jpg

昨日は日当たりの良いリビングに出てきて日光浴。我が家の犬も猫もみんな歳をとった。飼い主とてその例外ではない
ジャスミンちゃんは、果たして年を越せるのかどうかは誰にも測り知れないが、もう十分に生きたので私としては悔いがない。願わくば平成30年を共に迎えたい。

2015-01-0420171123_01.jpg

これも昨日の日経の文化欄の記事だが、国の特別天然記念物「土佐のオナガドリ」が紹介されていた。
オナガドリの尾羽は抜けることがなく一生伸び続けて、最長は13m50cmに到達したそうだ。

2015-01-0420171123_02.jpg

驚いたのは、尾が伸び始めたのは明治期に入ってからとの事だ。明治期には尾の長さがやっと50cmから1mになったという。由って最長で見積っても僅か150年の間に10倍以上の尾を持てるようになったという事だ。

こうして見ると、鳥の品種改良は専門家が手掛けるとかなり飛躍的に進むのだろう。私は鳥が好きでいろいろのインコを飼っているが、ここ数十年で、オカメインコやコザクラインコはいうに及ばず、様々なインコの色変わりが作出されている。中には、どう考えても原種の方が美しいだろうと思われる鳥がいる。

ヒムネキキョウインコのブラックなどは、その最たるものだ。

2015-01-0420171030_03.jpg

如何ですか。この真っ赤な胸が緋胸桔梗鸚哥の特徴なのだが、この鳥を全身真っ黒にしてしまう事に、何の意味があるのか。私には理解できない。

あと何年かすると、シロハラインコのイエローやアルビノなども出てくるのかもしれない。海外では既に作出されているのかもしれないが。

スポンサーサイト

オキナインコはクルミが大好き


今日は曇りで寒い一日であった。

そんな中でも我が家は屋外で水浴び。オキナやウロコは全く濡れない。
そしてオキナやシロハラはクルミが大好きだ。どうぞ動画をご覧になって頂きたい。



如何ですか。美味しそうに食べるでしょう。勿論自分で割ることはできない。魚沼産のオニグルミを10kgも購入したが、硬くてハンマーで割るのも一苦労だ。

2015-01-0420171024_03.jpg

最近サザエはこのスタイルでの体重測定が定番となった。本日の体重165g。ここに来て体重は安定してきた。しかしながらまだふやかしたペレットの方が好きなので、ふやかしてあげている(笑)。尤もコンゴウインコのあいちゃんは必ず水につけてふやかしてから食べるので、結果的に同じだ。

それにしてもシロハラインコは実にせわしない鳥だ。まあそこが可愛い処でもあるのだが。


四十雀がやってきた


昨日シジュウカラが我が屋の庭を訪ねてくれた。

20171117_085218_HDR.jpg

まだバードレストランを開く前なのだが、数羽の群れで訪ねてくれた。この子は♂だ。
シジュウカラは良くネクタイをしたような小鳥と云われるが、この画像の様にお腹で太いネクタイを持っている子は♂。
♀は途中から細くなって途切れてしまうので、誰でもすぐ見分けがつく。

シジュウカラは漢字で書くと四十雀。昔野鳥飼育が盛んだったころでも、シジュウカラという語感が「始終空っぽ」と云う意につながるので嫌われたようだ。

同じカラ類でも山雀(ヤマガラ)はおみくじを引いたり、かごの中でも上手に輪くぐりをして宙返りすることから、好んで飼われていた。

20171117_085340_HDR.jpg

今回はこのバラに付いた大きな虫を食べて行ってくれた。ここまで大きくなるまで、相当我が家のバラの葉を食べたに違いない。

20171116_130436_HDR.jpg

鳥友さんに育てて頂いていた胡錦鳥の雛は、三羽が無事里親さんの元に嫁いでいった。フインチはあっという間に成長する。画像は15日の物で丁度生後三週間。

20171116_130132_HDR.jpg

同じく15日は動物取扱業の講習が午後から四時間たっぷり。皆さんお疲れのようで、熟睡されてましたね。私はと云えば後ろの方が大いびきをかかれて眠れなかった(笑)。

20171116_180152_HDR.jpg

そのあとは以前の勤務先の方と飲み会。定年後と云っても結構忙しい生活を送っている。今日も午前中は太極拳、午後は囲碁と目いっぱい遊んできた。

20171118_092812_HDR.jpg

朝は早くから庭の柚子の木から柚子を採った。横に写っているボブも柚子の香りを堪能しただろうか。

今日も一日楽しく過ごせた。コレデイイノダ!と思いたい。



昨日の釣りは惨敗でした


一昨日は寝坊して釣りに行けず、昨日は一時に起きて勇躍釣行に及んだものの惨敗であった。

20171114_110141_HDR.jpg

新しいタックルで勇んで出かけたものの、やっとヒラメと呼べる50cm1,2kの物が一枚と、ソゲ2枚のみ(1kg未満は釣り人はヒラメと呼ばない)。それもコソゲ。30cm未満は放流の規定だが、35cm位はあったが又の機会にお目にかかるのを願って放流した。
それとイナダが3匹。スーパーで買うイナダは生臭くて刺身で食べられたものではないが、釣ったイナダはまあまあ美味しい。

それよりも何よりも、釣った方はなんと10枚も上げたのだ。

ヒラメは釣り座が大きく影響するとは言うものの、自分のふがいなさに腹が立った。こうなったらまたリベンジだ。12月になるとイワシの群れが大原沖にやって来て、それを追いながら大型のヒラメがやって来る。そうすると3k、4kと云大きなヒラメの顔を見る事が出来るので楽しみだ。

20171114_004151_HDR.jpg

一昨日の寝坊に懲りて、目覚ましを画像のごとく連発でかけた(笑)。実際は一時に目覚めてしまったが。
まるで子供のようだが、私はれっきとした行政上の老人だ。電車では席を譲ってもらったことはないんだが(笑)。

1510702797181.jpg

昨日今度お迎えする予定のインコの画像を送って頂いた。ここまでくれば何のインコかすぐわかりますね。

また頭丸めますヨ!


寝坊して釣行できず(笑)。


今日はヒラメ釣りに行く予定でしたが、目覚めたのは4時。船宿には4時半集合の5時出船ですので、無理と云うものです。
大原港まで、我が家からは丁度90kmあります。


代わりに今年の4月28日に釣ったヒラメを載せておきます(笑)。

明日は寝坊せずに行くぞ!


o0480036013923996823[1]
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク