Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今シーズン最後のヒラメ釣りに行ってきた


今日は今シーズン最後のヒラメ釣りに行ってきた。
ここ25年の間ヒラメ釣りは少なくとも200回以上は行っているが、今日は今までかつてない、とてつもない体験をした。3人が爆釣で、他の人は駄目。坊主の方もいらっしゃった。こんな時なのに私はたったの1枚。他の方が釣れなくて、私が沢山釣った経験はかなりあるが、こんな逆のことは初めて。

o0480036013923996823[1]

私はこのヒラメ一枚しか釣れなかったのだが、船宿の検量で4,27kgであった。しかし隣の方は7、9kgを頭になんと7枚。ほとんどが3kg程度と、とてつもない爆釣であった。長く釣りをやっていると、こんなこともあるんだとつくづく感心した。
終わり近くなって、1枚大物を掛けたのだが、姿を見て。船長がタモで掬う前に、他の人とお祭りをしてバラしてしまった。まあ、しょうがない。

釣りというものは良い時もあれば、悪い時もある。
リベンジをしたい処だが、残念ながら今期のヒラメは間もなく禁漁となる。また10月まで待たなければならない。

20170428_112023.jpg

この時期のヒラメは産卵を控え、栄養を充分蓄えており背中の肉が盛り上がっている。海水の温度は、陸上の季節と約1ケ月程ずれるので、まさに寒ビメで実に美味だ。

5月になって産卵を終えるとどの魚でもそうだが、味がかなり落ちてしまう。魚にも旬がある。

20170428_043504.jpg

何時もながら太平洋の真っ青な色は心地よい。

2015-01-0420170428_02.jpg

ところで、我が家のシロハラちゃん、今日覗いてみたら3個目の卵を産んでいた。
まだお腹が膨れているので最低でも、もう一卵は産むと思われる。有精卵であることを願うばかりだが、是ばかりはどうしようもない。

一応交尾は確認はしているが、必ずしも有精卵になるとは限らない。

2015-01-0420170428_01.jpg

玄関先のコデマリが咲いた。ばかちょんカメラで撮ったので綺麗に花が写ってなかった。次回は綺麗な画像をお見せしたいと思う。

歳を取ったら人生を楽しむしかない。
不平不満を云わず自分の好きな事をして楽しく生きようと思う。

スポンサーサイト

インコの里親さんから画像が届いた。


今日は里親さんから届いた画像を紹介させて頂きます。

1493276397478[1]

前回のウロコちゃんのパイナップルですが、先日無事一人餌になったようです。

ズグロシロハラを飼われていて、東京都から我が家に見えた時も同伴でした。私も散々いじらせて頂きました。知らない処に来た為か、行儀の良い子で、日頃のやんちゃぶりは観られませんでした。

この風景を見ただけで、可愛がって頂いているのが判る。我が家で現在抱卵中のシロハラインコも、1羽だけは残したい。まあ、無事孵化したらの話だが(笑)。昨日覗いてみたらちゃんと2個目は産んでいました。

1493277280516.jpg

このヒムネキキョウインコブルーはもう5年も前に埼玉県に里子に行った子です。先日ラインで送って頂きました。この方の処にはアキクサルビノー、ウロコも里子に行ってまして、今でも仲良くお付き合いさせて頂いてます。

現在換羽の最中との事ですが、美しいですね。

sawada.jpg

昨年、鎌倉に里子に行った子の画像も届きました。親羽に変わったようで、実に見事な色合いです。秋草のルビノーと云っても、色合いは様々ですが、この系統はかなり綺麗です。

2015-01-0420170427_01.jpg

前回ヒナの声が聴こえてと書いた、ウロコインコ赤顔パイナップルの雛ですが、今日そっと覗かせてもらったら、なんと5羽も孵っていました。さて、どんな子になるのか、今から楽しみです。

しかし3月14日に巣箱を設置してからまだ、43日ですが、繁殖する子は繁殖してしまうんですね。まだ2歳同士のペアなのでこれからも数年は頑張ってくれると思います。

2015-01-0420170427_02.jpg

秋に購入した西洋石楠花が咲きました。もう牡丹は終わりました。

ところで明日は今シーズン最後のヒラメ釣りに行ってきます。

家内に言ったら、「この前もそんな事言ってたでしょう」と嫌味を言われました。

鳥も「もう増やさない、今度買ったら頭を丸める」と何度も言いながら、いまだに可愛い子を見ると購入してしまう、悪い亭主です。

まあ「いいじゃないか人間だもの」(笑)。



ヒムネキキョウインコの父さん頑張る


ヒムネキキョウインコのブルー白胸の父さんは、子育て上手だ。

今日水の交換に禽舎に行ったら、盛んに巣立ち雛に餌をあげていた。動画でご覧ください。実に微笑ましい光景だ。



如何ですか、可愛いもんでしょう。

2015-01-0420170314_03.jpg

禽舎のウロコインコは、3月14日に巣箱を設置したばかりだというのに、今日禽舎に行ったら、雛の声が聴こえていた。巣箱設置後すぐに産卵を始めたようだ。しかし、新しいケージに移動したにも拘らず、繁殖する子は繁殖してしまう。

このペアは画像の通り赤顔なので、さてどんな子が産まれているか楽しみだ。

秋草インコはさっぱりで、無精卵ばかりのようだ。まあ、全ては鳥任せなので、やる時はやってくれるでしょう。

20170425_151115.jpg

胡錦鳥のノーマルペアは、頑張って今期の巣引きを終えた。如何ですか、ノーマルの赤顔が一番美しいと思うのだが。

20170425_155231.jpg

前回巣立ちした雛達は、嘴の横のサファイヤの様なブルーの珠が付いている。まだ盛んに餌をねだっていた。



キンカチョウの展覧会に行ってきた


今日は埼玉県さいたま市にキンカチョウの展覧会に行ってきた。

今日は是非最後までご覧頂きたい。最後にお楽しみページが出て来る。

2015-01-0420170423_20.jpg

各部門の主席がずらり。キンカチョウ程、様々な色変種が固定されている鳥もないと思うが如何だろうか。会員の方に伺うと海外では50種ほどの色変種が登録されているとの事。

遺伝の法則的には、優性遺伝、劣性遺伝、伴性遺伝と単純ではあるが、法則に則ってペアリングしても、なんと140分に1の確率でしか出ない種もあるとの事。兎に角奥が深いんですね。

私は会員ではないが、会長さんの人柄にはほれ込んでいる。鳥を愛する事一方ならぬ方で、展覧会も自宅の庭を開放しての開催だ。初めの出会いは、4年ほど前だが、私が鳥専門誌「オールバード」のバックナンバーを探しているとの事を知って、1年分をポンと自宅に持って来て下さった。

傍から見ても真にキンカチョウの発展を願っているのが良く判る。由って遠方からも会員が集まって来るのだろう。
禽舎も覗かせて頂いたが、全て広いケージで飼われており、鳥も健康そうであった。

2015-01-0420170423_15.jpg


2015-01-0420170423_17.jpg

この仔はブラックチークというそうだ。文字通り頬が黒い。

2015-01-0420170423_12.jpg

2015-01-0420170423_14.jpg

イザベルというのだが、いろんなカラーを掛け合わせて出てくるのだそうだ。

2015-01-0420170423_08.jpg

2015-01-0420170423_11.jpg

パイドというのはいろんな鳥でもカラーが固定されているが、キンカチョウの場合は、色の抜けた部分の割合についても規定があるようだ。かなり奥が深く、私などには聞いても良く判らない。

2015-01-0420170423_06.jpg

2015-01-0420170423_05.jpg

この種は可愛さにひかれて、8年ほど前にネットオークションで購入し、私自身が飼った事がある。ほんわかとした色合いがなんとも魅力的だ。

2015-01-0420170423_04.jpg

2015-01-0420170423_03.jpg

オールオレンジは文字通り全身オレンジ色に輝く美しい鳥だ。なかなか、思ったような色には仕上がらないとの事だ。なんせ、オールオレンジ同士を組み合わせても、オールオレンジが出ないというのは、摩訶不思議だ。

秋草インコは、ルビノー同士を組み合わせればルビノーが出る。そして、色の綺麗に上がったルビノー同士からは、美しいルビノーが出るのだが・・・・・。

2015-01-0420170423_01.jpg

今日の来場者の中で手乗りチャボを連れてこられた方がいた。私も手に乗せてみて、パチリと一枚。いやー可愛いものですね。

20170423_082452.jpg

そして最後は、前回紹介のシロハラインコ夫妻に、待望の第一卵。今朝覗いてみたら産まれていた。鳥友さんから親切に教えて頂いたのには、3日おきに産卵するようで、抱卵期間は26日との事だ。由って、もし有精卵であれば、5月末には可愛い雛の声を聴けるかもしれない。
楽しみ、楽しみ。


シロハラインコご懐妊


我が家のシロハラインコだが、どうやらめでたくご懐妊となったようだ。

2015-01-0420170420_01.jpg

横から見てもお腹ぷっくり。
しかし鳥の場合は、ご懐妊とはなっても、有精卵かどうが判らないのが辛い所だ(笑)。

2015-01-0420170420_04.jpg

前から見てもぷっくり。

2015-01-0420170420_01_01.jpg

失礼してお尻も見せて頂きましょう(笑)。はち切れんばかりだ。

シロハラインコについては全くの初心者なので、何個産卵するのか、産み終わってから抱卵するのか、すぐ抱卵するのかも判らない。まあ、何れにしても我が家では全て鳥任せ。検卵もしないで、親が巣離れをしたら無精卵として卵を取り除く。

雛の声を聴いて初めて孵ったことに気付く。上手くすれば5月末には声を聴けるかもしれない。

2015-01-0420170420_02_01.jpg

今日のボブくん。14歳と9か月。昨年10月末に悪性の骨腫瘍で、足指を1本手術で切除したが、現在の処、至って元気だ。

2015-01-0420170420_06.jpg

つい先日までは、陽の当たる所で寝ていたが、今日は画像の様に、日陰で寝ていた。

我が家の玄関は、ご覧の様にあいちゃんが散らかすので、汚れている。我が家には玄関が無くて鳥小屋だと、いつも家内に叱られている。その通りなのでじっっと我慢の大五郎であった。

しかし私に言わせれば、もともとオウムカゴを並べて置く設計をしているので、広さはそれなりに確保しているつもりだ。我が家においで頂いた方が、沢山いらっしゃるが、如何でしたでしょうか。

2015-01-0420170420_03.jpg

今日近所の公園に行ったら、すっかり葉桜となっていた。

2015-01-0420170420_02_02.jpg

1本だけ満開の桜があったがソメイヨシノではなく八重桜のようであった。

2015-01-0420170420_03_01.jpg

楓もすっかり芽吹き、緑が鮮やかな季節とあいなった。何処か山に出かけたくなった。高尾山はもう少しすると夏鳥がやってくるはずだ。

先日からツバメの姿も見かけるようになった。

2015-01-0420170420_07.jpg

公園ではスズメも砂浴び。

2015-01-0420170420_08_01.jpg

何方が活けたのか知らないが、蘭やチューリップ。

2015-01-0420170420_05.jpg

アシもあっという間にここまで伸びていた。間もなくオオヨシキリがやって来て巣を掛けるだろう。

2015-01-0420170420_01_02.jpg

先日紹介したハクチョウも抱卵中であった。

お詫びと訂正

何時もコハクチョウと紹介していた此のハクチョウはコブハクチョウだそうだ。私も渡り鳥のコハクチョウが日本で繁殖するのは、おかしいとは思っていたが、頭部を見るとはっきりとコブハクチョウであることが判る。

昨日親切な方からコメントを頂いて気が付いた次第だ。こうして教えられることは実に有り難い。インコの巣箱に敷くチップも、販売サイトを教えて頂いた。

皆さんに感謝感謝だ。こうして私はますます幸せになれる。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる